001今回はホットパワーズの

「佐藤のアナル is revived (さとあなR)」

試してみました。

昔なつかしな「佐藤のアナル」の続編的なオナホールですね。







今のような真面目なオナホールばかりではなく、数個に一個くらいの割合でギャグ路線に全振りしていたオナホールをちょくちょく発売していた昔のホッパ時代に『佐藤のアナル』というオナホールがありました。





知っている方ならご存知の通り、この「佐藤」というキャラクターは実在する人物ですね。
もともとはホットパワーズの店員として働いていた方で、

実在する男性スタッフのアナルを再現する

という誰得なコンセプトだったわけですが、中身のオナホール自体の評価はなかなか高く、こんな馬鹿げたコンセプトではありますが、当時のオナ郎はしっかり★4や★5をつけていたオナホールだったりします。

001


今回はそんな昔なつかしな『佐藤のアナル』の続編という事で、久しぶりにホットパワーズの無茶なコンセプトのオナホールを見れて嬉しく思う気持ち以上に、

「もう今さらそっちの方向に行かなくてもいいのではっ!?」

と心配になる気持ちの方が、わずかに大きい感じですね。

001

重量は約241g、全長は約14cmな少し小さめなハンドホール。
既存のホッパの金型ではなくバラっぽい模様の入った型が使われており、金型まで新たに作ったのかもしれない、やけに気合の入った造形ですね。

satonoanalr001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

使われている素材はホットパワーズの『メテオ素材』で固さは「普通±0」との事らしいですが、触った感じの固さ的には、普通~少し固めくらいにも感じてしまうような質感ですね。
定番(0)素材かつ実は新製法で素材感が向上しております…さとあなのくせに生意気!!
もはや欲しい商品情報がどこに書いてあるのか探すのも大変な長文の商品ページの中には

「新製法で素材感が向上しております」

と書かれていたので、もしかしたら従来の「普通±0」よりも少しだけ固くなっているのかもしれませんね。

臭いの方はほどほどくらい。
油っぽさの方はほどほど~少し控えめくらいと、従来のものよりかは確かに抑えられているように思いますね。

002

入り口はバラの花びらのような造形になっており、アナルローズ的な事を意識してのこの造形なのかもしれませんね。

003

入り口付近には大小のイボがついており、これは公式で言う所の

佐藤さんのイボ痔を再現

しているとの事でした。

コンセプトを追求すればする程、挿入する気が萎えていくという不思議なコンセプトのオナホールですね。

004

内部には『腸絨毛』を再現したらしい有機的な細かいヒダがついた構造になっており、一定の感覚で太い横ヒダが配置された構造になっていますね。

確か前作の『佐藤のアナル』も似たような構造だったように覚えています。

12091030_5fd028c12af0e

素材や造形やサイズは大きく変わってはいますが、基本的な内部構造は前作に大きく寄せつつ、「イボ痔」という新ギミックが追加された現代復刻版的なオナホールのようですね。

satonoanalr002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

そんなに良いものでもないし、アナルっぽくもない

というのが正直な感想で、もちろん最低限射精出来るくらいの性能はあるものの、コンセプトまで含めるとオススメ度はかなり低くなってしまうような性能で収まってしまっていますね。

張りのあるプリっとした素材感なので、240g程のサイズでも肉厚の頼りなさはそこまで感じる事なく、またキュっと締まってくるような適度な締め付け具合もあったりで、使用感としては小型ながらもそこまで悪くはない感じですね。

密着感が強いのでびっしりついている『腸絨毛』的なヒダの加減がいまいちペニスでは感じにくく、等間隔でついている大きめのヒダがプリプリと一定の間隔で引っかかってくる刺激の方が印象的な挿入感になってしまっており、結果として非常にシンプルな、悪く言えば大きめのヒダが引っかかってくるだけのつまらない挿入感になってしまっていますね。

強すぎるってわけではないけどやや亀頭寄りな刺激にもなっており、心地よく射精にまで到達出来るというよりは、少し苦しい感じで無理やり射精にまで持っていかなければいけないような刺激寄りなバランスになっています。

新製法で作られた素材からはねっとり感みたいなものがなく、かなりあっさりとした無機質な挿入感になってしまっているというのも、今回はあまりプラスには働いておらず、

佐藤さんの顔が頭に思い浮かんでくるまでもなく、アナルっぽいという臨場感には欠けた物足りないオナホール

で終わってしまっているような気がしますね。

内部素材だけを柔らかくして・・・・・・といった改良はおそらくいくらでも出来たんでしょうけど、これくらいのオナホで収まってしまったのは『佐藤のアナル』という特殊なコンセプトが、そうさせてしまったんじゃないかと勘ぐってしまいますね。

オススメ度としては★3・・・か★2くらいでかなり迷う所で、オナ郎にとっては萎える要素しかない佐藤のアナル的なコンセプトまで考慮すると★2くらいがちょうどいいくらいだと思います。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:2000円前後
nkp(1g当たりの値段):8.3円前後
オナ郎のオススメ度:★★(5段階評価:2)

■販売店はこちら■
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る