ヴァージン喪失!!ろりギャルビッチ
今回はエーワンの
「ヴァージン喪失!!ろりギャルビッチ」
試してみました。

処女ギャル的なコンセプトのオナホールですね。




「処女ホール」

厳密に処女ホールブームみたいなものが過去にあったわけじゃないけれども、例えば処女膜を再現してみたりといったような実験的な処女系のオナホールを頻繁に見かけていた時代は確かにありましたね。

時代を経てオナホールも洗練されていくに従って、そういった実験的なものは本当に少なくなってしまい、「処女ホール」とは言っても本当に処女膜がついていたりというリアル重視なものはほとんどなく。たまに発売される処女系ホールと言えば、狭穴やキツ穴的な挿入感を処女に見立てただけのものだったりと、本当の意味での処女的なオナホールというものは絶滅の危機にあるのかもしれませんね。

ho9065pl
今回エーワンから発売されているオナホールは

「ギャル処女」

という一見マッチしそうにないギャルと処女の組み合わせになっているわけですが、最近ではわりとエロ漫画なんかではそういうシチュエーションが多かったりするので、すんなり受け入れられるようになってしまいましたね。

M9050-06-670x

断面図を見る限りでは処女膜的なものはついていないようで、代わりに子宮口がメインコンセプトの一つであるかのように備わっている構造になっていますね。

開封してみよう


001

重量は約252g、全長は約15cm。250gという少なめな重量のわりには全長は約15cm程もあり、全体的にやや細めな印象を受けてしまう筒状の造形になっています。

virginsousitu001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

固さは普通くらい。なんだかめちゃくちゃ懐かしく感じるオナホ臭がそこそこキツめに漂っており、記憶が正しければその昔PPPなんかがよく多用していた素材と同じか、それと限りなく近い質感やら臭いになっていますね。

油っぽさはほどほどくらいについていますが、ややネトっとした絡みつくような不快感のある油っぽさだったりで、久しぶりに触るような気がするノスタルジックな中国製の素材感になっていますね。

002

流行るかもしれないとは思いながらも日本ではさっぱり流行らない「鳥肌スキン」が採用されており、入り口はわりとリアルな感じで作られていますね。

003

内部は少し脆そうな感じの二層素材が採用されており、くぱぁ造形っぽい成形がされていますね。

挿入してみよう

virginsousitu002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

素材にしろ挿入感にしろ、

色々と懐かしく感じるようなオナホール

となっており、昨今のオナホールではなく6~7年くらい前に主流だったジェネリック感のある無造作系の中国系のオナホールを久しぶりに使っているような懐かしい気持ちになってしまいますね。

002

内部の素材はわりと固めに作られており、どこの構造がどうというわけではなく全体的にゴリゴリとした荒くて固い塊的なヒダがペニスを刺激してくる感じで、コンセプト通りなキツくて狭穴な感じもよく表現出来ており・・・というか、多分このオナホありきで処女的なオナホに後から決めたであろうコンセプトとも上手くマッチしているような挿入感ですね。

001

根本から微妙に軸ズレしている感じも非常に懐かしい仕様

になっており、わりと素材自体は固いなので肉の偏りみたいなものは全く気にならないんですが、

004

子宮ゾーンがかなり狭くて挿入し辛い穴になってしまっている為に、子宮口に挿れようと意識しながら手で補助してあげればまっすぐに挿入出来るんですが、少しでも気を抜いてしまうと横の壁が薄くなっている部分からペニスがコンニチワしてしまう仕様になってしまっていたりと、使用感はかなり悪くなってしまっていますね。

005

内部の荒くてゴリゴリとした強めの刺激なんかは、刺激寄りなオナホールとして十分★3くらいには楽しめる挿入感でもあり、子宮口にグポっと強く穴に入りこんでいくアクセントなんかも、刺激寄りな挿入感と非常にマッチしていたりと、軸ズレっぽい使用感の悪ささえなければ普通に★3は付けていたんじゃないかと思いますね。

オナホデータ

M9050-01-670xヴァージン喪失!!ろりギャルビッチ
平均価格:1,300円前後
1gの値段(nkp):約5.1円
刺激レベル:■■■■□(5段階:4)
review002
販売店はこちら