生中OK娘-きつきつDX
今回はナチュラルハイの
「生中OK娘 きつきつDX」
試してみました。

透明素材なオナホールですね。



実は今までにレビューしたナチュラルハイの2つのオナホール以外にも、メーカーからはいくつかのシリーズが発売されていたりするんですが、オナ郎のオナ包囲網にさっぱり引っかからずに今までにスルーしてしまっていたナチュラルハイのオナホール。

M9097-01-x
「生中OK娘 きつきつDX」

「きつきつDX」版なだけあって、それのノーマル版が2年程前にすでに発売されているわけですが、残念ながらこのサイトでは未レビュー状態となっていたりするので、もしこのオナホが高評価をもぎ取っていくような代物であれば、後日ノーマル版のレビューも検討させて頂きましょう。

M9097-02-x

内部構造うんぬんはさておき、今まで発売されているナチュラルハイのオナホールをざっと眺めてみて、気付いたのは

クリア素材にやけに拘っている

という傾向があり、前回レビューした「2穴OK娘」なんかもそうでしたが、ペニスが透けて見えるようなクリア素材に拘りが見られる傾向がありますね。

001

パッケージにも「中出しが見える《観察系》オナホール」なんてキャッチコピーが足されている事からも、何も適当な理由でクリア素材を好んでいるというわけではなく、ナチュラルハイ的には「中出しのライブ感」というものを大事にするためのこの素材のチョイスなんでしょうね。

デメリットとしては、どうしてもクリア素材にする為にはオナホの表面を保護するためのパウダーがつけられない為に、ベタベタとした手にくっつきやすくてホコリも付きやすい質感になってしまうという点があったりするので、好きな人は好きだけど嫌いな人は嫌いと意見が真っ二つに割れてしまうのが完全なクリア素材の宿命だったりします。

良い機会なので次回のオナホアンケートの時にでも「クリア素材はありかなしか?」を問うてみようと思います。

開封してみよう

001

重量は約392g、全長は約17cm。

前半部分が異様に膨らんだ上で後半部分がかなり尻窄みになっている変わった造形が採用されていますね。

002

また、底面が真っ平らな「置きオナ仕様」な造形にもなっていたり・・・。

006

なぜか貫通型になっていたりと、ちょっと現代のオナホの方程式には当てはまらない異質な造形やら仕様になっています。

namanakaokmusume001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

少し固めで臭いや油っぽさも控えめな素材が使われており、クリア素材な都合上やはり表面はベタベタと手にくっつくようなテクスチャーになっていますね。

003

入り口はリアル寄りな造形になっていますが、クリア素材だと造形がいまいち良くわからない・・・というのも一つのデメリットですね。

004

内部にはかなり太めな螺旋ヒダが数本配置されている構造になっているようです。

005

太い螺旋ヒダがくっきりしすぎているので、クリア素材でも内部構造の特徴が分かりやすいですね。

挿入してみよう

namanakaokmusume002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

普通だ。

異端なボディや仕様なだけに、もう少しデメリットにも感じてしまうようなポイントが浮かび上がってくるものだと思っていたら、普通に使えてしまうボディバランスやその仕様だったりで意外にもこれはこれとてバランスは取られていたみたいですね。

002

目立って気になっていたのは後半部分のこの肉厚のなさ加減だったんですが、前半部分の盛りに盛られた肉厚部分があるだけにちょうど前半と後半で肉厚加減がトレードオフになっているような使用感に感じられ、「これがオナホのベストバランスなんだ」とは全く思わないにしても、「こういう造形のオナホがたまにはあっても良いんじゃないかしら」と思えるくらいには、前半部分のもっこり肉厚と後半部分の寂しい肉厚感とでバランスはうまく取られているように思ってしまいました。

また気になっていた貫通型というのも、ボディがかなり長尺な為に無理矢理奥の方にまでねじ込んでいかない限りは貫通しているのさえほぼ気付かないくらいには使用感には影響を及ぼしておらず。貫通型ゆえのバキューム力の問題なんかも、そもそもがわりとハード寄りな刺激のために、使用中は「バキューム力が足りない」なんて感想には一切なりませんでしたね。

001

「普通だ」というのはその挿入感の方も同じような感想で、ボコボコした螺旋ヒダの立体感なんかはほどほどに感じられるものの、特にこれといって特徴であったり気持ちよさの感じられるポイントがあるわけではなく、全体を通して適度にボコボコして適度に刺激のあるなんとも無難な挿入感になっており、この素材のせいなのか造形のせいなのか、挿入感のせいなのかは分からないんですが、やけに昔のオナホールを使っているようなノスタルジックな気持ちが沸き上がってきてしまい、今よりも個々の特徴が色濃く出せていなかったわりには個性的な造形が多かった一昔前のオナホールを使っているような感覚になってしまいました。

オススメ度は★3くらいがちょうどよく、決して悪いオナホールってわけではないんですけど、現代のオナホらしからぬこの絶妙な「昔懐かしさ」というのがどこから来ているのかがいまいちハッキリしなくてモヤモヤしてしまうオナホールですね。

オナホデータ

M9097-01-x生中OK娘 きつきつDX
平均価格:3,000円前後
1gの値段(nkp):約7.6円
刺激レベル:■■■■□(5段階:4)
review003
販売店はこちら