肉楽天
今回はMOPLE TOYSの
「肉楽天」
試してみました。

超柔らか素材的なオナホールですね。



新たなる新オナホメーカーの出現も一昔前よりも少なく。また、たまに出てきたとしてもすぐにいなくなってしまう事の多くなってしまった世知辛いオナホ業界に、2021年に登場したのが「MOPLE TOYS」という新しいメーカー。

今回はふわとろライクな柔らかさをアピールしたオナホールを発売してきたとの事なので、さっそくレビューしていきましょう。
001

パッケージは横置きスタイルが採用されており、箱の中で柔らかいオナホが変形してしまわないように配慮されていますね。

前にも言った事があるような気がしますが、とあるアダルトグッズショップに入った時に、ふわとろ素材な横置きスタイルなオナホールが、スペースの都合上なのか縦に並べて陳列されているのを見た時は、「なんてオナホに対して無知なショップなんだ・・・」とガッカリしてしまった記憶があります。

M9351-03-670x

内部構造はやや太めのヒダが、スパイラルな加減でたくさんつけられているような構造になっていますね。

この断面図だと二層素材っぽいような着色のされ方をしていますが、他の説明画像だと一層の画像になっていたり、商品説明には一層や二層の説明がされていなかったりと、内部素材の説明が少しややこしい仕様になってしまっているのが気になる所。

なんとなく経験上一層素材のような気がしているんですが、内部構造を分かりやすく表現するためのこういう着色は誤解を招くので、「※内部構造を分かりやすくするために着色しています」くらいの説明は欲しいですね。

開封してみよう

001

重量は約418g、全長は約13cm。

おっぱいはないけど、ヘソやお尻やくびれっぽいのはある半トルソー型のような造形で、重量のわりには少し全長は短めな肉厚重視なオナホールになっています。

nikurakuten001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

前情報通りに、素材はかなり柔らかめなふわとろ系の素材が採用されています。ふわとろ素材というカテゴリの中でも固すぎず柔らかすぎずな標準くらいなふわとろ感のある素材ですね。

臭いは控え目気味に収まっていますが、油っぽさの方は少し気になるくらいにはついています。

002

入り口は少しデフォルメ感のある幼い感じの造形。

003

入り口からは平たい感じの縦ヒダがスパイラル状にきれいにつけられているのが確認できますね。

004

先ほどの断面図ではもう少し入り組んだような縦ヒダっぽい構造なのかと思っていたんですが、こうして裏返してみてみればかなりシンプルなスパイラルな縦ヒダ系の構造になっており、ふわとろ素材でしかもスパイラルヒダというと、「ポンコツガーディアン ZeroWhite(ゼロホワイト) LV0」をめちゃくちゃ意識しているようなオナホールにしか見えて仕方がないですね。

挿入してみよう

nikurakuten002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

そりゃまぁ普通に余裕で気持ちが良い

十分に実績のあるゼロホワイトと似たような構造、似たような素材ではあるので気持ちよくないわけがなく、挿入感としてもかなりゼロホワイトと似たようなものになっており、基本的な満足度はかなり高めになっていますね。

001

ふわとろ素材のまったり感が抜群な挿入感ながらもスパイラルヒダがモコモコと立体的なアクセントを与えてくれる様なんかは、まさしくゼロホワイトでも高く評価していた点でもあり、今回のオナホールでも非常に似たようなモコモコとした挿入感になっている感じですね。

002

ヒダのピッチ加減なんかはゼロホワイトに比べて少し広めに作られていますが、ふわとろ系の素材だとそこらへんのヒダの細かいディテールの違いなんかはあまり気にはならず。螺旋ヒダのアクセントだけで大体似たような挿入感として仕上がってしまっているような気がしますね。

唯一のゼロホワイトとの大きな違いと言えば、この半トルソー型による肉厚差による挿入感のアクセントで、入口部分とくびれ部分の肉厚差によって微妙に挿入感の圧迫具合にアクセントの変化が感じられるというのがこのオナホならではの特徴になっていると思います。

入り口部分はたっぷりな肉厚で圧迫具合も良く、そこからくびれ部分に向かって圧迫感が解放されていくような緩急の違いを楽しめるような挿入感になっているんですが、どちらかというとこの肉厚による緩急の変化は蛇足さを感じてしまうようなアクセントに感じてしまいますね。

本来十分な肉厚は使われているはずなのに、あえて緩急の変化を付けることによってくびれ部分の肉厚感というものを薄く感じさせてしまっているような挿入感になってしまっており、たっぷりな肉厚感が重要なふわとろ系のオナホールとしてはこの肉厚差による緩急の付け方は、アクセントによるプラスの要素よりもマイナスの要素の方が少しだけ大きく感じてしまうような挿入感に繋がってしまっている感じですね。

ゼロホワイトと同じような造形で同じような挿入感になっても少しつまらない所ではあったので、一応メーカーなりの特徴を出してきたというのはまだ評価したい所・・・ではありますが、そうするのであればくびれ部分がさみしくなってしまわないように、もう一回り大きい造形で余裕を持った緩急をつけるべきだったのかもしれませんね。

オススメ度としては★4くらいがちょうどいい評価になると思います。

オナホデータ

001肉楽天
平均価格:2,800円前後
1gの値段(nkp):約6.6円
刺激レベル:■□□□□(5段階:1)
review004
販売店はこちら