半熟サキュバス-ミルキーピンク
今回はキテルキテルの
「半熟サキュバス ミルキーピンク」
試してみました。

しこぱら限定となる「半熟サキュバスピンク2.5 腰振りふわとろ蕩ソフトタイプ」の素材変更版ですね。



「もう何連続目だ?」と思ってしまうくらいに、とにかく自社サイトでもある「しこぱら」の限定品としてしか新商品を発売してくなくなってしまったキテルキテル。

オナホ業界の冨樫先生と揶揄するくらいにリリースペースの遅かったキテルキテルが、頻繁に新作をリリースするようになって喜ぶべきなのか。パッケージレスの限定版に偏ってしまった現在の状況を憂うべきなのか・・・。その答えは風と共にオナホールですね。

4549627020214

さてミルキーピンクと名付けられている今回のオナホール。

「半熟サキュバスの完全新作か!?」と思いきや、「半熟サキュバスピンク2」と「半熟サキュバスピンク2.5 腰振りふわとろ蕩ソフトタイプ」という6~7年程前に発売されていたオナホールの素材を変更しただけのもののようですね。

半熟サキュバスピンク2.5でもすでに柔らかいふわとろライクな素材が使用されていたはずですが、今回のものは最近ポンコツガーディアンのユニコーン的なシリーズでもよく使われている、

さらに柔らかいふわとろ感がマックスな素材

で、また新たに発売してきたというわけですね。
001

なのでオナホの外型や内部構造は半熟サキュバスピンク2.5と全く同じものが使われているわけですが、6年も前のオナホだとさすがにさっぱり覚えていないのでほぼ新作みたいな内部構造に見えてしまいますね。

ただ、さすがに6~7年前のオナホールの内部構造となると、目新しさみたいなものは全く感じられず。どちらかというと現代の尖りまくった猛者オナホ(略して猛者ホ)達に比べてしまうとわりと無難っぽすぎてあまり魅力的な内部構造に見えないように感じてしまいますね。

とりあえずしこぱらのラインナップを充実させる為にサクっと仕上げてきたようなやっつけ新作なのか。それとも現代でも十分通用するクオリティで自信を持って発売してきたのか。そこらへんに注目しながらレビューしていきましょう。

開封してみよう

001

パッケージレスなので、もちろん箱的なパッケージはついておらず。透明袋に入れられているだけの必要最低限なパッケージになっています。

002

重量は約666g、全長は約17cm。

過去ニ回のレビューでは「土の中から発掘された古代のオナホ的な造形」と比喩していたので、さすがに三回目となる今回は同じ表現をしたくない所。「気まぐれオナホ職人の手ごねオナホ」みたいな所で勘弁してもらいましょう。

hannjukumilkypink002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

素材は「ゼロホワイトLV000/ユニコーン肉厚MAX」らへんのユニコーンシリーズで使われていたふわとろ感の抜群な柔らかい素材が使われています。

油っぽさはかなり気になるくらいにはついていますが、臭いはほどほど程度に収まっている素材で、素材自体は非常にもろく、少し引っ張ったりしただけでボロボロと傷がついてしまうので、長く使いたいのであれば扱いには細心の注意が必要かもしれません。

003

入口は縦ラインに窪みを作っている造形になっています。

004

前半部分は螺旋状に配置された小さめのイボの構造ですね。

005

素材が柔らかく、肉厚も非常に多いので裏返してしまうとかなりのっぺりした構造に見えてしまいますので、内部構造は後ほどのキャッサバ画像を参考にしてください。

挿入してみよう

hannjukumilkypink001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

最近ではふわとろ系のオナホールでも多少刺激を感じられたり、わりと早い段階で射精感がこみ上げてきたりするものが多いので、うっかり忘れがちになってしまいますが、

刺激レベル1の低刺激ホールと言えばまぁこのくらいの無刺激さだよね

・・・と改めて思い出させてくれるくらいに、挿入から大体5分くらいは気持ちよさみたいなものはこみ上げては来ず。ただひたすらにその多大なら肉厚感から生まれるまったりとした挿入感だけを頼りに、いつかは訪れるであろう射精のキッカケみたいなものを探す旅に出ているような挿入感になっていますね。

007

無刺激とは言っても構造自体がさっぱり機能していないわけではなく、これほどの柔らかい素材でも前半部分のイボ構造をしっかり効かせる挿入感になっているのは一番評価したいポイント。

ヒダやらなんやら分からない挿入感ではなく、はっきりと「イボっぽい」と感じられるような挿入感で、細かくボコボコと隆起した壁をズボボボボという音が聞こえそうな挿入感と共に、ねっとりまったりとペニスにそのイボ壁が絡みついてくる様なんかは、十分すぎる肉厚と共にちゃんと自分がどういったオナホなのかと主張してくるオナホールに仕上がっている感じですね。

006

イボ主張のしてくる前半部分に比べて後半の方は本当にのっぺりとした、ただの穴的な挿入感になってしまっているんですが、イボが効いてくる面積も十分確保されているように思えるので、低刺激に寄せたオナホールなのであればそこまでトータルバランスが悪いとは感じませんでした。

ある程度ペニスがこなれてきてからは、射精のきっかけとなる気持ちよさを感じられるようになるんですが、その振れ幅というか、まったり系オナホールの高ぶってくる沸点を超えるような気持ちよさというのがそこまですこぶる高いわけではなく、射精時の気持ちよさなんかも他の優秀なまったり系ホールに比べるとやや低く感じてしまい、同じくらいの重量と素材でもある「ゼロホワイトLV000/ユニコーン肉厚MAX」なんかに比べると、そこまでテンションが上がるような気持ちよさは感じられなかったのが残念な所。

もちろんふわとろ系とも相性の良い600gオーバーな肉厚によるブーストの効果は非常に大きく、基本的なふわとろ系の性能としては申し分ない挿入感なので評価の基本値としては素材と重量とこの構造だけでも★4くらいはありそうなんですが、単純に気持ちよさや射精時~後の満足度だけで言えば★4はあるか・・・ないかの悩ましいくらいのものになってしまっている感じですね。

好みの問題もあると思いますが、
  • 低刺激すぎる
  • イボメインな構造
というのがオナ郎のペニスにはそこまでぶっ刺さってくるわけではなく、やや満足度が下がってしまったように思います。

逆にスロオナ系のかなりまったりとした低刺激なオナホールが好きな方なんかは、オナ郎の評価以上に楽しめるかもしれませんね。

オススメ度は少し辛めな評価になってしまっているかもしれませんが、★4寄りな★3にしておきましょう。

オナホデータ

4549627020214半熟サキュバス ミルキーピンク
平均価格:3,560円前後
1gの値段(nkp):約5.3円
刺激レベル:■□□□□(5段階:1)
review003
販売店はこちら