001
今回はエーワンの
『名器絶穴』
試してみました。

『エーワン×尾髭丹』なシリーズの続編ですね。



「大型のハンドホールですら二穴の構造は蛇足になりがち」

これまでに数多くの二穴タイプのハンドホールがあったわけですが、本当の意味での満足感を伴う二穴ホールというのは、(記憶の中では)存在しておらず。どちらかと言えば、「一穴にしていたほうが良よっぽど良かったのに・・・」なんて感想を頂いてしまう事の方が多かったような気もしますね。

据え置き型くらいに数キロサイズな大型サイズであれば、肉厚問題も大きく解消されて二穴のメリットが出始めたりするんですが、やはりハンドホールにおける『二穴』というのは、デメリットの方が浮き彫りになってしまいやすかったりと、「オナホールにとっては悪手になりやすい仕様である」というのがオナ郎の見解だったりします。

最近は大型の据え置き型ホールですら一穴構造のオナホールが発売されていたりと、業界全体として二穴仕様のオナホールは排除されていく流れになっている気もしますね。

003

そんなわけで今回は、めちゃくちゃ久しぶりにレビューするような気もする二穴タイプのハンドホールで、毎度お馴染みなエーワンの『尾髭丹シリーズ』からの大型サイズなハンドホールですね。

001

本当に満足感のある二穴ホールを作ろうと思った場合は、上の画像のように2つの筒をくっつけるような造形にすれば二穴ホールにおける不満点はほぼ解消されるんじゃないか・・・と、ふと思いついてしまったんですが、冷静に考えればコストをかけてまで2つの筒をくっつけて無理矢理二穴ホールとして売る意味が分からなさすぎてアカンですね。

002

このくらい狂気地味たコンセプトのオナホールでも、この造形であればギリギリ成立しているように思うので、どなたか実現してくれるメーカー様がいればニコニコ顔と高めのテンションで真面目なレビューをさせて頂きますね。

M10723-05-670x

イラストっぽい断面図の写真なので、実際の所どうなっているのかはまだ分かりませんが、アソコ側はなぜか入口付近に子宮口がついているイボメインな構造。アナル側はアナルらしくイボヒダの控えめな縦筋っぽい感じの構造が採用されているみたいですね。

過去の尾髭丹シリーズで掲載されていた。どう考えても再現不可能そうな気持ちよさそうすぎる断面図の尾髭丹のイラストは個人的には結構好きだったんですけど、最近では掲載をやめてしまったみたいですね。

M10723-07-670x

イラストはもちろん『尾髭丹』というイラストレーターの方が描かれています。


開封してみよう

004

重量は約597g、全長は約16cm。

入口側にかなり肉厚が偏った造形で、ボディ部分はモコモコとした装飾が施されていますね。

008

わりと驚きなのが、この600gな重量なのに対して平均価格が2,000円程に抑えられている点で、nkp(1gあたりの価格)はなんと驚愕の『3.3nkp』と、昨今の一般的なオナホールのほぼ半額くらいの値段になっていますね。(最近ではnkp6~7くらいが平均くらい)

最近あまりnkpに関して触れていなかったような気がするので、ここらで改めて最新のnkpに対するオナ郎の印象をお伝えてしておきましょう。
  • 4.9nkp以下:かなり安くて、むしろ儲かっているんかと疑うレベル
  • 5~5.9nkp:オナホメーカーの中ではわりと安めに販売している印象
  • 6~7.9nkp:昨今の物価を考えれば妥当なライン
  • 8nkp~9.9nkp:ちょっと割高な気もするけど、素材のこだわりによっては仕方なし
  • 10nkp以上:評価に影響させたくなるレベルで高い
最近では一昔前に比べて、ちょうど1nkp程オナホの価格が高くなってしまっているように思い、数年前なんかはnkpが4台のオナホールもちらほら見かけたりはしていたんですが、最近ではめっきり減ってしまったような気がします。

ちなみに最近のトレンドな400gくらいのオナホールの例で言うと、nkpが1上がるだけで約400円程高くなるので、まぁそんなもんくらいは値上がりしているような気はしますね。

そんなわけでこの『nkp3.3』というのは、最近の傾向から考えるとちょっと信じられないくらいの数値になり、とりわけオナホの評価に影響させるわけではありませんが、そこら辺も含めてレビューを参考にしていただければと思います。

meikizekkei001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

固さは普通~少し固めくらいで臭いはほぼ無臭くらいな控えめで、油っぽさの方もほどほど~控えめ気味くらいで収まっている素材が使われています。

特に疑う余地もなく、造形と素材だけで「中国製のオナホだろうな」とは分かってしまうんですが、ありがたい事にパッケージには『Made in China』と表記されているので、自信を持って中国製のオナホだとお伝え出来ますね。

+1硬

固さ加減の説明の詳しい表はこちらから

固さレベルは『+1』と同じくらいの素材が使われています。

005

入口はリアル系の造形で作られており、アソコとアナルの2つの穴が付けられていますね。

穴の位置を見れば分かる通り、メインの穴はアソコ側の穴になっており、アナルの穴はかなり下の方につけられてしまっているので、アナル側はオマケ程度の肉厚になっているんじゃないかと予想出来ます。

001

内部にはうっすらとしたピンク色の二層素材が採用されていますが、素材硬度は外層とほぼ変わらないくらいの固めな素材ですね。

006
007

くっきりとした二本程度の横ヒダに加えて、中央付近には3つの突起的なものがついている構造になっています。

アナル側は肉厚的にちょっと裏返しが不安だったので、後ほどキャッサバ画像で確認させて頂きましょう。

挿入してみよう

meikizekkei002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

なんとまぁサパサパとした味気のない挿入感

・・・になってしまっており、内部構造自体の責め手にかける物足りなさもそうなんですが、素材自体が醸し出す挿入感の方も、柔らかさによる心地良さなんてものはない張りと滑りの良いしっかりとした使用感だったりで、内部構造との相性もあまりよろしくないように感じてしまう組み合わせのオナホールですね。

0089

このキャッサバ画像の断面図から見受けられる程には刺激の情報量は多くはなく、わりとツルツルっとしたのっぺり気味な全体の穴加減に加えて、入り口付近にはしっかりと亀頭に引っかかる横ヒダ一文字の刺激。そして中央付近にはモコモコとしたイボの起伏による立体感。

そして後半部分にはもう一つくらい存在しているやや弱めな横ヒダ一文字な刺激と、文字にして説明出来るくらいにわりとシンプルな挿入感になっており、ちょっと雑味成分的な複雑さみたいなものが少ないように感じてしまいますね。

022

それなりに刺激寄りな挿入感ではあるんですが、明確に感じられるヒダ→イボ→ヒダの一つ一つのパンチがかなり弱く感じてしまい、とりあえずの射精を促してくれるようなちょっとした気持ちよさみたいなものは感じられる挿入感ではあるんですが、「このオナホに今日の一番搾りな精子を放出したいか?」と問われるとNOと言いたくなってしまうような、満足度の低いオナホールに感じてしまいますね。

このくらいあっさりとした内部構造のエッジ感を得やすい素材であれば、下手にリアル系なオナホにするのではなく、もう少しガツガツ、ゴツゴツとした刺激寄りなオナホールであった方が内部構造との相性が良かったんじゃないかと思ってしまい、結果的にはリアル系なオナホとしても、普通のオナホとしてもオススメのしにくい性能になっているように感じてしまいますね。

meikizekkei002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

アナル側はペニスが透けて見えるくらいの肉厚バランスの悪すぎる挿入感になっており、こちらはもうほとんどオマケ程度にしか機能していない挿入感ですね。

一応はツルツルとしすぎた、超絶にのっぺり感のある穴の具合なんかは、ある意味ではアナルっぽい挿入感ではあるんですが、入口の締め付けがほとんどないので、アナルっぽいと錯覚させてくれるには今一歩こだわりが足りない挿入感になってしまっているような気がします。

10

二穴目のアナルがついているせいで、メインのアソコ側の穴にも若干の肉厚の偏りが見られるんですが、アソコ側の穴は素材がそこそこ固くて内部刺激のエッジ感もくっきりはしているので、二穴仕様がデメリットになっているという感覚はそれほどなく。

あまり使い道にならないレベルのオマケ程度な穴がもう一つ空いている

くらいの使用感で済んでいるのは、二穴にした事でのぎりぎりのメリットと言えるかもしれませんね。

ざっくり言ってしまえば「ヌケはするけど、あまり気持ちよくない」と素直に言ってしまえる程度のオナホールといった感じで、オススメ度としては★2くらいがちょうどいい評価になってしまいますね。

オナホデータ

M10723-01-670x名器絶穴
平均価格:2,000円前後
1gの値段(nkp):約3.3円
刺激レベル:■■■■□(5段階:やや3寄りくらいの4)
review002
販売店はこちら