001今回はトイズハートの

「温泉欲情2」

試してみました。

温泉欲情」の続編ですね。



「温泉欲情系」

そんな言葉が生まれてしまうくらいに、一つの内部構造の完成形として今尚ヒット商品として語り継がれている「温泉欲情」というオナホール。



温泉欲情のヒット以降、それと似たような構造のオナホールが様々なメーカーから発売されてはいましたが、例えば「ヴァージンループ」を意識して作ったような、とりあえずそれっぽくしておけば気持ちの良い、まさしく「勝利の構造」と呼ばれているようなものとは違って、それっぽく作ってもなかなかうまくいかない奇跡的なバランスが必要である事から

「奇跡の構造」

なんていう言葉でも例えられている構造でもありますね。

001

そんなわけで「温泉欲情」が誕生してから4年。
元ネタである「マンぼう」というオナホールが発売されてから、おそらく10年以上の時を経て正式な続編として発売されたのが今回のオナホール。

001

そう言えば「温泉欲情」の続編的な存在としては「公衆欲情」というオナホールがすでにあったような気がしていましたがきっとおそらく気のせいで、今回の「温泉欲情2」が正式な続編になりますね。

M8224-3-x

先に内部構造の方を確認しておくと、まさしく温泉欲情の続編と言えるようなそれっぽい構造になっており、使用感うんぬんはともかく、やはり続編と言うからにはこれくらいの関連性は欲しいぜ!という所をうまく突いてくれている構造になっているようで一安心ですね。

001

重量は約435g、全長は約15.5cm。
トイズハートらしいシンプルな造形になっています。

前作に比べると100g程重量が増えており、素材の方も「ヒトハダマテリアル」という新素材に変更サれていますね。

M8224-10-670x

トイズハートの人気素材でもある「セーフスキン」とはまた違った質感になっており、分かりやすい所で言うとセーフスキンよりかは臭いや油っぽさは増している感じですね。

その分オナホっぽいゴムっぽさというか、少し柔らかくてしっとりした質感が増している感じで、臭いや油っぽさではなく、名前の通り人肌っぽい質感を再現した素材のようですね。

onsenyokujo2001

固さ的にはそこまで柔らかいわけでも固いわけでもなく、少し柔らかめ~普通くらいの素材感となっており、セーフスキンなんかよりかは1~2段階くらい柔らかい素材になっているようです。

002

入り口は縦スジの通った装飾の真ん中に二段階で穴が空いている作りですね。

003

こちらがお待ちかねの内部構造。
これをどこかしらの他のメーカーが作ったオナホールであれば間違いなく「温泉欲情系の~」と表現しているであろう、前作を踏襲した構造になっており、うねるように配置された分厚い肉ヒダが特徴的ですね。

45cf924b-s

そう言えば前作はどんなだったか、と思って引っ張ってきた画像がこちら。
元祖温泉欲情となる前作の方が荒削りでゴツゴツとした複雑さあり、今作の方がシュっとまとまった構造になっているのが分かり、改めてみると全く別物のオナホールだというのが確認出来ますね。

たまにネット上では、クリエイターの昔の作品と今の作品を見比べるような人間の成長を感じさせてくれるコンテンツなんかがあったりしますが、まさしくそれを見ているような気分になってしまいます。

この粗削りなゴツゴツ感が温泉欲情の奇跡のバランスにもなっていた

わけでもあるので、内部構造としては温泉欲情2の方が鮮麗されているとは言っても、それが気持ちいいかどうかはまた別問題というのが、オナホールの面白くもまた難しい所ですね。

onsenyokujo2002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

「温泉欲情系」という一つのジャンルが出来てしまっただけに、これまでにも散々似たような構造のものを試してきたので、昔のような新鮮味や感動は感じる事が出来なくなってしまっており、後はどのくらいバランス良く、そして気持ちよく、オナホとして完成度の高いものが作れているのかが後続となるオナホールのキーポイントになってくるわけですが、

続編としての期待を裏切る事なくとても良い

というのが正直な感想で、「挿入してわずか3ストロークで★5と心に決めた」前作程の感動はありませんでしたが、「普通に★5だな・・・」と納得出来るようなオナホールにしっかりと仕上げてきている感じですね。

ペニス全体に伝わってくる安定感のあるジョリジョリとしたヒダ刺激に加えて、内部の肉ヒダが色んな角度でめくれてきたり、グニョグニョと絡み合ってくる挿入感が、あっという間に射精したくなる程の気持ちよさを終始与え続けてくれている感じですね。

内部構造で見ても、挿入感としても特に横ヒダ系のジョリジョリとした刺激が強調されているのがよく分かり、当たり前に気持ちの良いヒダを飽きさせずに、もう一つの違うアクセントを加えてくれているのがうねりのある肉ヒダの存在で、簡単に言えばこの2つだけの特徴しかないオナホールではあるんですが、横ヒダのバランスも肉ヒダのバランスも絶妙に調整されておりシンプルさと複雑さの両方を楽しめるようなオナホールになっていますね。

重量を100g程増やしたのは間違いなく正解で、前作のような肉厚感がさほど気にならなかった素材感やギュっと詰まったような挿入感とは違って、素材が柔らかく、また内部の肉ヒダが大きくなった事によってより肉厚の重要性が増していますね。
004

具体的に言うと、ちょうどオナホの上と下の部分の肉厚がサイドに比べて少し薄くなってしまっており、どちらかというとオナホを横向きにして使った方が上下の肉厚のバランスが良く、オナホとして心地の良い挿入感に変化する感じですね。

そこらへんを踏まえると435gでもまだ十分とは言えず、あと50g~100g程大きいサイズで均一な壁のバランスにしていた方がより完成度が高かったんじゃないかと思ってしまいます。

続編を制作するのは非常に困難な事だったとは思いますが、温泉欲情2としての名に恥じない完成度の高いオナホールを仕上げてきたトイズハートには拍手を送りたい所ですね。

前作のようなグニョグニョとしたスパイラル感の強いオナホールとはまた変わって、どちらかというと横ヒダ系に触手っぽさが加わったようなまた趣向の違ったオナホールなので、単純なパワーアップ版の温泉欲情と期待して買うと少しガッカリしてしまうかもしれず、どちらかというとヒダ系の刺激が好きな方の方がしっくりくるんじゃないかと思います。

期待の高かった続編でも迷う事なく★5をつけられるオナホールを作ってくれたトイズハートに感謝ですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■■□[刺激系] (5段階:4)
ショップ平均価格:3200円前後
nkp(1g当たりの値段):7.3円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★★(5段階評価:5)

■販売店はこちら■
22_16x16Amazonで詳細&レビューを見る
22_16x16M-ZAKKA(MANZOKUショッピング)で詳細&レビューを見る
22_16x16FANZA(DMM)で詳細&レビューを見る
22_16x16NLSで詳細&レビューを見る
22_16x16ホットパワーズで詳細&レビューを見る
22_16x16大人のおもちゃ通販大魔王で詳細&レビューを見る