001今回はトイズハートの

「展望欲情」

試してみました。

欲情シリーズ」の続編となるオナホールですね。




昔のオナホをリパッケージして大ヒットした初代の「温泉欲情」。

温泉欲情の続編として発売されていたけど、なんだか思ってたのとちょっと違うような気もした第二弾の「公衆欲情」。

「温泉欲情」の「2」として期待値があまりにも高かったけど、一応期待には応えてくれた第3弾の「温泉欲情2」。

002


昨今の数多くある発売されている色んなメーカーのシリーズの中では、おそらく続編に対する期待値が最も高くなってしまっていると言っても過言ではないのがこの「欲情シリーズ」ですね。

初代の完成度の高さゆえに、トイズハート自身も欲情シリーズの続編というのはなかなかにハードルが高いところとは思いますが、いつかは初代の奇跡のバランスを上回るような続編が現れて欲しいですね。

001
そんなわけで今回で第4弾となる欲情シリーズの続編は、

「展望欲情」

と名付けられたオナホールとなっており、初代の温泉的なシチュエーションよろしく温泉絡みなイラストやらコンセプトになっていますね。

公衆欲情」が温泉とは全く関係なさそうなパッケージだったので、今後も温泉で統一していくのか、「欲情」残しで色んなシチュエーションを絡めていくのかはまだ不確定な感じで、個人的には「混浴欲情」や「絶景欲情」なんかで温泉統一した方がシリーズ感があって良いんじゃないかな、なんて思ってしまいますね。

0011

重量は約382g、全長は約13.5cm。
最近のオナホトレンド的には重量はクリアしている十分なサイズですが、全長は少し短めの13.5cmとなっており、その胴回りがやけに肉厚に感じるボディとなっていますね。

tenboyokujo001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

固さは普通くらいで臭いはほとんどなし。
油っぽさも控えめ気味くらいな「ばーじんスキン」という素材が使われており、一応調べてみたら欲情シリーズとしては今の所全て違う素材が採用されているみたいですね。

002

入り口は幼さをどことなく感じさせてくれるような筋の入った造形になっています。

003

入り口付近は規則的な縦ヒダの螺旋構造になっているみたいですね。

004

螺旋ヒダ→イボ→子宮の三段構造

今までレビューしてきたオナホールの経験則的には、ちょっと危うく感じてしまうような無難すぎる構造にも見えてしまい、もちろん挿入してみるまで分からないものの、現時点では「こ、これが温泉欲情の続編シリーズなのか・・・」と、ややガッカリ感がある構造に見えてしまいますね。

M8587-3-x

公式の断面図は画像ではなくイメージイラストで描かれていました。
イラストだとめちゃくちゃ気持ちよさそうなヒダやらイボになっていますね。

001

公式で断面図がちゃんと掲載されていなかったので、先にキャッサバ画像をお届けしておきましょう。

0023

くっきりと明確に三段階で別れている多段構造ですね。

挿入してみよう

tenboyokujo002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

名残がねぇ!

もはや温泉欲情を思わせてくれるような名残も欠片もないような、全く別物のオナホールとなってしまっており、「一体シリーズってなんなのさ」と思う反面、下手に初代の温泉浴場の構造を引きずるよりも、ここまで大きく変えてしまったというのはある意味正解かもしれないな・・・とも思ってしまいますね。

断面図で見たようなシンプルすぎる構造からイメージする挿入感よりも、もう少し複雑で特徴のある挿入感になっており、

温泉浴場感は一切ないけど、これはこれとて悪くない

と思わせてくれるくらいには、ヌキどころや実用性は感じさせてくれるオナホールですね。

入り口付近の螺旋ヒダは、挿入する際や浅めにストロークしている時に、斜めに刻まれた太めのヒダが立体感とともにペニスをなぞってくるような刺激で、最序盤のアクセントとしてそれなりに上手く立ち回っているような刺激になっていますね。

001

このオナホの一番の特徴になっているのは、やはり真中部分の大きめのイボ部分とその周りをすぼませているヒダの部分。

「スポンスポポン」と出入りする子宮系オナホールのような窄み感があり、さらにその子宮っぽい窄みを感じながらもイボが亀頭やカリをデコボコと刺激してくるような挿入感になっており、

「子宮にイボ」

という、言葉にすればめちゃくちゃシンプルなんだけど、あまり味わった事のないような独特な挿入感になっている感じですね。

素材自体がかなりプリプリとした弾けるような質感になっているので、生っぽさがなくなったり無機質さみたいなものは感じますが、この場合はイボ子宮のスポポポポンというダイナミックな刺激とプリプリとした素材の相性はわりと良い感じでまとまっており、オナホオナホした挿入感として十分実用性のあるオナホールに仕上がっていると思います。

004

子宮ゾーンとして付けられている最後の部分にはクポクポした子宮感はあまりなく、「ヌポっ」という擬音語が似合いそうなゆるい吸い付きになっていて、中盤のイボゾーンで十分子宮っぽさを味わった後の最後のひと押しとしてゆるい子宮のアクセントが味わえるような挿入感ですね。

音が聞こえてきそうなくらいにプリプリ感とスポポポンといったスポーティな挿入感になっているのにも関わらず、刺激自体はそこまで高くはなく、普通くらいの刺激加減で収まっているので、ストロークの速さであったり挿入する深さ等で刺激の強さはコントロールしやすいオナホールですね。

挿入感も特徴的で、気持ちよさとしても十分楽しめたので、温泉浴場の続編としてではなく、

イボ子宮っぽい感じのオナホール

として、★4くらいはつけておきたいオナホールですね。

オナホデータ

[まったり系]■■■□□[刺激系] (5段階:3)
ショップ平均価格:3600円(税込)前後
nkp(1g当たりの値段):9.4円前後
オナ郎のオススメ度:★★★★(5段階評価:4)
販売店はこちら