001
今回はマジックアイズの
「天使サマのねっとり極立体ヒダ」
試してみました。

極立体ヒダ構造的なオナホールですね。



新しい構造や新しい造形、そしてトルソー型への強いこだわり等と、「マジックアイズらしさ」みたいなものを考えた場合、それらの要素は長年のラインナップをずっと見続けていればわかる事ですが、こと「オナホ的な使いやすさや気持ちよさ」みたいなものは、ないがしろにはしていないまでも最優先にはしてこなかったようにも感じるマジックアイズのオナホール。

ただ、ここ最近のラインナップの中には、良くも悪くもマジックアイズらしさを感じないオナホールなんかもラインナップの中に紛れ込んできたりと少し変化が見られる感じで、今回のオナホールもまた、今までのマジックアイズらしくはないオナホオナホしたオナホールになっていますね。

001

マジックアイズではお馴染みの「緒菜穂さん」仕様なパッケージではなく、今回はイラストは別の方が描かれているみたいですね。

なんとなく、「緒菜穂さん」仕様のパッケージと別イラストなパッケージで、従来のマジックアイズらしさとらしくなさがキレイに分かれているような気がするので、オナ郎の勝手な予測ですが、別イラストのオナホールは新手のオナホ職人が作っている・・・というメーカー内でのブランド分けをしているんじゃないか?と思っていたりします。

M9306-01-670x

「極立体ヒダ構造」と名付けられている今回の内部構造は、見た目的にもかなりのキャッチーさがあり、ちょっとどんな挿入感になるのか予測出来ないワクワク感がある構造になっていますね。

近い所で言えばタマトイズの「サイバーイグアナ監修! 極長ヒダ名器~レイ~」なんかを思い出してしまうような構造ですが、これと言って決まった構造のジャンル名称はまだ付けられていないデカヒダ、あるいは「ベロヒダ構造」とでも付けられそうな構造ですね。

見た目的にはキャッチーなベロヒダ系の構造の懸念点としては、あまりヒダがビロビロと長すぎても、異質感こそは出るんだけどペニスを気持ちよく刺激する要素としては弱くなってしまうので、そこらへんのバランスをどう取ってくるか・・・がポイントになると思いますので、今後ベロヒダ構造のオナホールを作ろうと考えているメーカーさんはそこらへんを意識してみると良いかもしれませんね。

開封してみよう

001

重量は約582g、全長は約16.5cm。かなりでっぷりとした余裕な大型サイズな造形で、とりあえずこのくらいの重量があれば肉厚感に不満を抱く人はおそらくいないサイズですね。

tensisamanonettori001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

固さは普通~少し柔らかめくらい。臭いや油っぽさはほどほど~少し気になるくらいんについている、「雅スキン」という最近マジックアイズが新たに導入した新素材ですね。

素材感、色味、臭い的には、なんとなくタマトイズの自社構造のOEMで作っている商品じゃないのかな?なんて思ってしまう素材ですが、確証はないので話半分くらいで聞いておいてください。

002

入り口は縦スジのような感じの、シンプルに女性器っぽい入り口を表現している入り口ですね。

003

入り口からだとこの構造の全貌がうまく掴めませんね。

004
005

裏返してみても、太めな横ヒダがランダムな感じでもっこりついているだけで、先程見た断面図とはまた異なる印象ですね。後でキャッサバいてちゃんと確認しておきましょう。

挿入してみよう

tensisamanonettori002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

こりゃまた新しい挿入感・・・

撮影用にオナホにディルドをぶっ刺している時の手に伝わってくる時の感触ですでに「なかなか面白い動きをしよるな・・・」と思っていたんですが、実際に挿入しても類似するような挿入感のオナホールに心当たりはなく・・・というよりも、もう少し細かく言うと類似するオナホールはあるんだけど、それをもっと極端に大胆にしたような唯一無二な性能になっている感じですね。

001

さて肝心なこの内部構造から導き出される挿入感。先程は「ベロヒダ系の構造」なんて表現をしていましたが、実際の挿入感のメインとなっている刺激は“ヒダ”的なものではなく、どちらかというと突起による”連続した“コブ”のような挿入感で、それらが特に左右からボッコボッコと大胆にペニスに当たってくるイメージは、

004

ロマサガの技で言う所の「サイドワインダー」のような波打つような斬撃の軌跡にかなり近く。

オナホでもこの波型のような構造はたくさんあるんですが、そんなものナチュラルなウェーブ感とは比べものにならないくらいに左右についている大きいコブの荒波の中を駆け抜けていくような挿入感になっていますね。

002

オナホの向きを縦方向にすれば、今度は上下からのデコボコとし"すぎた”コブが裏筋にも程よく当たってくれたりと、挿入感の変化を味わえるようになっています。ただ、縦方向だとそのサイドワインダー的な荒波を超えていくようなウェーブ感が少し落ちてしまう為に、通常通り正方向から使ってあげた方がよりオナホの特徴を掴みやすい挿入感になっていると思います。

左右からの刺激・・・という点では、昨日レビューしたばかりの「ジンコウカクセイ」と似たような感想になってしまっていますが、細ヒダのゾリついた刺激もあり、複雑に絡み合ったコブヒダは左右だけではなく、上下にも引っかかるポイントがいくつかあり、左右からのアクセントが強めとは言え正方向でも存分に楽しめるように作られていますね。

何よりも肉厚差がない為に、正方向でも縦方向でも純粋にアクセントの違いを楽しめるというのがやはり大きいですね。

大胆かつダイナミックなコブ系のオナホで、サイドワインダー的な左右からの波打つ刺激を基本に添えつつも、決して単調な刺激にはならずに大なり小なりなコブが上下左右から当たってくる様は、コブ系のオナホとしてはなかなかに完成度は高く。「ヒダ系のオナホはもう飽きたんだよ!」と、スタンダードなオナホとは違った刺激をお探しの方にはぜひともオススメしたいオナホールですね。

ただ、そのダイナミックな当たり方の刺激ゆえに、繊細さには少し欠ける大ぶりな刺激寄りの挿入感ではある為に、気持ちよさ的には★5を付けるほどではなく、★5寄りな★4くらいがちょうどいい評価になってしまうのが残念な所。

挿入感もどちらかというとプリっコリコリとした弾力のある感じで、名前についている「ねっとりさ」みたいなものは微塵も感じられない挿入感なので、ねっとり感を期待しすぎると残念な思いをするかもしれませんね。

オナホデータ

001天使サマのねっとり極立体ヒダ
平均価格:2,500円前後
1gの値段(nkp):約4.2円
刺激レベル:■■■■□(5段階:4)
review004
販売店はこちら