001
今回はエーワンの
『パパ活女子とカリはめエッチ』
試してみました。

噂のEちゃん的なオナホールですね。



「パパ活女子のオナホール」

どう考えても現実世界では遭遇出来ないであれば突飛なコンセプトではなく。ほんの少しお金を払えば誰でもパパ活女子辺りに出会えてしまうであろう身近さみたいなものを打ち出す事によって、日常的な興奮の要素を打ち出してきたのかどうかはさっぱり知らないけれども、今回はそんなコンセプトのオナホールですね。

001

オナホられているのは下のお口が緩いらしいP界隈で絶賛お騒がせ中の噂のEちゃん。

M10566-04-670x

公式の別イラストではマスクを外したバージョンが公開されていますが、今作ではイラストレーターの名前が書かれていない仕様ですね。

M10566-03-670x

内部は「太めの横ヒダ」→「イボゾーン」→「子宮ゾーン」からなる三段構造のオナホールになっており、取り立てて目新しい要素はなさそうな伝統的なイボヒダを組み合わせた構造ですね。

開封してみよう

001

重量は約305g、全長は約15.5cm。

ミドルサイズの中では一番小さいサイズとなる300g前後な重量のオナホールとなっており、後半部分には蛇腹模様がつけられていますね。

「オナホール重量の最適化」

というのがここ最近のオナホ界隈でオナ郎が気になっているトピックスで、今現在はそういった傾向が顕著に現れているわけではないんですが、なんというか長年オナホと戯れてきたものの"勘"みたいなものが働いていたりしますね。

近年では兎にも角にも「重量が正義」という風潮で400gオーバーは当たり前、500g、600gも朝飯前なくらいに大型化が進んできたオナホ業界なわけですが、昨今では「やや小さい」と思われるような200g後半から350g以下の重量のオナホールが今後ちょっとしたトレンドになりそうな予感みたいなものがあったりします。

もちろん適当に言っているわけではなく、ぼんやりとした理由がいくかあり、この機会に言語化してみると・・・
  • 物価高や大型化によって2000円前後か以下くらいのお手頃価格で買えるオナホールが不足しており、そこらへんの価格帯がブルーオーシャンになっている
  • トイズハートが復活した事により、トイズハートが得意とする350g前後なオナホールが注目され始める
  • 構造や素材との相性さえ良ければ、300g前後なオナホールでも十分気持ちいいものがあると気付かれ始める
などといったいくつかの理由から、兎にも角にも大きな重量のオナホールがもてはやされた時代はそろそろ終焉を迎えて、

オナホにぴったりと合っているグラム数の最適化された少し小型くらいのオナホールが注目されやすくなるのではないか・・・

みたいな予想をしていたりします。

単純に「オナホがスリム化する」と言うよりかは、もう少しメーカー側のたゆまぬ努力によって、ギリギリ成立しているラインのバランスの良いお手頃価格なオナホールが増えてくるんじゃないかな~みたいな事を最近思っているんですけど、本当にそのようになるのかはもちろん風と共にオナホールですね。

003

穴の長さはおよそ13.5cmくらいになっていますね。

papakatujosi001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

少し固めくらいの素材で臭いはほどほど。油っぽさは控えめ気味くらい。

+1硬

固さ加減の説明の詳しい表はこちらから

固さレベルは『+1』とほぼ同じくらいの固さ加減ですね。

002

入口はややリアル寄りくらいの造形ですね。

004

内部はうっすらとした二層素材が使われており、入口付近は大きく引っかかりそうな大ぶりなヒダや窄みヒダが見えていますね。

003

先ほどの断面図よりかは少し違った印象を覚える構造になっており、前半部分には引っ掛かりの強そうな大きめのヒダ。中央には短い縦ヒダ山脈があり、後半部分には螺旋状に配置されたイボ構造のオナホールと子宮ゾーンと、おおよそ四段構造くらいのオナホールになっていたようですね。

挿入してみよう

papakatujosi002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

さすがにこの構造からオナ郎がびっくらこいてしまうような予想外の素敵な挿入感が生まれてくれるはずもなく、およそ期待した通りな横ヒダ成分多めなフィット感の強めな穴がペニスを締め付けてくるだけの無難寄りな挿入感のオナホールですね。

002

前半部分のヒダは、見た目ほど大きくゴリゴリと引っかかってくるわけでもなく、程よい力強さでジョリっとした横ヒダ系の刺激を生み出しており、安定した気持ちよさを生み出してくれてはいますが、特にこれいった目新しさや特別なアクセントもない普通のヒダ刺激なだけに、悪くはないんだけど胸踊るような要素もない・・・といったような無難な刺激になってしまっていますね。

後半部分の螺旋イボは、前半部分のヒダ刺激に印象を持っていかれてしまっており、構造としては少しパンチの弱いものになっていますが、意識を集中させてあげれば螺旋的な構造はともかく、ザラザラとしたイボっぽい感触は楽しめたりと、一応ヒダからイボの二段階の刺激の変化は味わえるようになっていると思います。

001

子宮ゾーンにボコっと力強く入っていくアクセントはかなりしっかりしており、刺激もそこまで亀頭に負担をかけてしまうほどでもない程よい刺激のために、子宮ゾーンがある事によってトータルバランスはかなり良くなっているような印象がありますね。

キュっと締まるようなタイトフィットな挿入感や、安定感のあるヒダ刺激な挿入感は、刺激寄りくらいのバランスの狭穴系のオナホが好きな方であればそれなりに楽しめそうではるものの、これといって他にオススメしたくなるような「このオナホならでは」な要素も見つからない、無難な刺激寄りのオナホールといった感じですね。

オススメ度としては、間違いなく以下でも以上でもないぴったりな★3で収まってしまっているオナホールだと思います。

強いて言えばnkp(1g辺りの値段)が4.2という昨今のオナホでは破格のコスパが魅力・・・くらいですかね。

オナホデータ

001パパ活女子とカリはめエッチ
平均価格:1,300円前後
1gの値段(nkp):約4.2円
刺激レベル:■■■■□(5段階:4)
review003
販売店はこちら