001
今回はメイトの
『僕の知らない幼なじみ』
試してみました。

僕の知らないシリーズ』の続編ですね。



『僕の知らない◯◯シリーズ』





2023年のメイトのヒット作となった『僕の知らない先輩』から続く期待値の高めなシリーズで、第1弾の発売からそろそろ一年近く経とうとしているところで、ようやく第3弾まで辿り着いてきましたね。

M10619-01-670x
先輩、後輩に続いて今作は『幼なじみ』がオナホられているということなんですが、わりとギャルビッチ感のある幼なじみ的な女性がイラストになっていますね。

M10619-04-670x

「一体幼なじみに何があったのか!?」

というのは、僕の知らないシリーズでは毎度お馴染みになりつつある、やたら滅多にクソ長いストーリーを読んで頂ければ判明するはずなんですが、触りだけでも読むのがめんどくさかったのでCHATGPT先生に要約してもらおうと思ったら、エロコンテンツが含まれていてポリシー違反で要約出来ないとか言われる始末でした。

仕方がないので一通りストーリーを読んだオナ郎が50文字以内で人力要約しておくと、
いつまにか不良になっていた幼なじみが、二人きりの補習授業でなぜかいきなりパンツ見せてくる話
ということだけ覚えておいてもらえば大丈夫そうです。

M10619-03-670x

内部はかなり大きめのメッシュタイプのヒダの中に、これまた大きめなイボ突起的なものが配置されており、ちょっと挿入感のイメージがしにくい構造ですね。

M10619-05-670x

イラストを描かれているのは『じゃこた(@jacotei_jacota)』というイラストレーターの方ですね。

開封してみよう

001

重量は約480g、全長は約15.5cm。

ほぼ大型サイズと言っても過言ではない、ミドルカテゴリの中では最大級となる480gなオナホールとなっており、窪み等は付けられていませんが中央付近には大きなギザギザの装飾が施されていますね。

bokunosiranaiosana001

かなり柔らかめで臭いはほどほど、油っぽさは少し気になるくらいについている『シルクマシュマロ素材』が使われています。

006

そう言えばメイトは前作から素材名を三種類に絞って分かりやすく改名したんでしたね。

-2バリ柔

固さ加減の説明の詳しい表はこちらから

固さレベルは『-2』と同じくらいで、かなり柔らかく感じるんですが、『-3』よりかは少しハリがあるかなといった感じです。

002

窪み部分がハート型っぽくなっている

という謎のこだわりがある珍しい造形になっていますね。

005

入口からは少し窄まったように配置されているヒダやら、奥の方にはイボやらが見える構造です。

003
004

細かいところで言えばメッシュヒダの中央にある突起はそれぞれ微妙に違った形になってはいるものの、大雑把に言えば奥までずっと同じで対称型となる構造ですね。

別に狙ったわけではないんですが、昨日レビューしたRIDE JAPANの『地雷系女子パンキーメッシュ』とタイプで言えば同じようなジャンルになる構造ですね。

挿入してみよう

bokunosiranaiosana002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

連なる砂丘をイメージさせるような挿入感。

001

メッシュヒダと中央のイボがそれぞれ独立して刺激してくるのではなく、もう少し大きな塊となって砂丘のような緩やかで連続した山をいくつも形成しているような挿入感になっており、ボコボコとした起伏感みたいなものを大いに楽しめる感じですね。

001

この構造でどこからそんな挿入感に変化するのかはさっぱり分かりませんが、挿入してからわずか数秒くらいで「砂丘っぽいな・・・」と思ったくらいなので、砂丘的なイメージで言えば相当強めのものになりますね。

ただ、そんな起伏のあるボコボコとした砂丘的な挿入感は、何も立体的なメリットとしてだけで言っているのではなく、本当に砂丘の砂原のようなツルツルとしたのっぺり感のある壁面のテクスチャーだったりは、正直なところ「かなり繊細さに欠ける」と感じてしまうような、細かく刺激してくる繊細な刺激が不足してしまっており、延々とストロークしていても気持ちよさがいまいちこみ上げてこない不満足さを感じてしまう挿入感になってしまっているような気がしますね。
003

唯一奥の付近だけは、時折亀頭にピリっとした小さい突起が引っかかってくるような刺激が加わってくれるので、気持ちよさや変化を底上げしてくれるアクセントになっているのは良かった点ですね。

十分な重量から生まれる心地よさであったり、素材のまったりとした柔らかさであったりで、挿入した時の雰囲気としては「わりと良いオナホール」のように感じられるポテンシャルはあるものの、ストロークを続けていても「気持ち良い」と思える時間がかなり少ないように感じてしまい、射精に至るまでにも少し時間を要してしまうような

気持ちよさ成分でのシンプルな物足りなさ

みたいなものを感じてしまうオナホールですね。

もちろん★2をつけてしまう程に評価が低いわけではないんですが、雰囲気★4くらいはありそうな挿入感だけど気持ちよさを含めればきっちり★3になってしまうようなオナホールだと思います。

オナホデータ

M10619-01-670x僕の知らない幼なじみ
平均価格:2,700円前後
1gの値段(nkp):約5.6円
刺激レベル:■■□□□(5段階:2)
review003
販売店はこちら