猫耳にゃんにゃん2 監禁飼育 松本いちか
今回はNPGの
「猫耳にゃんにゃん2 監禁飼育 松本いちか」
試してみました。

AV女優松本いちかさんのオナホールですね。



例年の如く年末頃に大量に発売されたNPGのオナホールをすべて買ってはいるものの、そのどれもがパッケージからでは良し悪しが判断しにくい似たりよったりのものだったりで、なかなかレビューの食指が伸びずに半分以上残したまま放置気味になってしまっているので、少しずつでも消化していこう・・・という事で今回はNPGのオナホール。

M9087-02-670x

オナホられているのは「松本いちか」というAV女優の方で、その女優自体であったり「猫耳」だとか「ニャンニャン」だとか「監禁飼育」だとかいったコンセプトはオナホとはさほど関係はない、パッケージの味付け的な要素であろうAV女優系のオナホールですね。

ちなみに同じ「猫耳にゃんにゃん」という名前で去年別のAV女優さんを使ったオナホールが発売されており、今回は一応それの続編という立ち位置になっているようです。

M9087-04-670x

内部構造はNPGの十八番でもあるリアル系の構造が採用されており、特にどこがどうといったような特徴は口では語れないような複雑な構造になっており、「挿入するまではその良し悪しがさっぱり分からない」というNPGではしばしば訪れる(というかほぼ毎回な)オナホガチャ的なパターンのそれですね。

開封してみよう

001

付属品としては、やや大きめなローションの他にはサイン入りの写真が2枚封入されていました。

002

重量は約438g、全長は約14.5cm。

くびれやおっぱいをそこまで強調しすぎていない、半トルソー型の造形になっていますね。今回起用されているAV女優の方も、おっぱいはさほど大きくはないようなので一応コンセプトとしては一致している造形だとも言える感じですね。

003

後ろ側もお尻の割れ目であったり、背中の筋であったりは再現されている造形になっています。

matumotoitika001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

固さは普通~少し柔らかめくらいで、少しハリのある素材が使われています。臭いは控えめ、油っぽさはほどほどくらいな素材ですね。

004

入り口はかなり幼い感じのスジマンっぽい感じの造形になっています。

005

入り口付近は「くぱぁ造形」が採用されていますが、少し前にレビューしたマジックアイズの「ピュアブライド 処女宮 SATORI」のくぱぁに比べると、だいぶ劣っているようなくぱぁ加減ですね。

あまり丈夫ではなさそうな内層素材なので、今回は裏返しはやめておいて、内部構造のディテールはキャッサバで確認させていただく事にしましょう。

挿入してみよう

matumotoitika002

す・・・


凄い角度で挿入させやがる・・・

001

そもそも撮影中のディルドでズコズコしている段階で「えぐい角度してやがるぜ・・・」と思ってしまったくらいに、それが軸ズレなのか仕様なのかはさっぱり分かりませんが、なかなかの鋭い角度での挿入になってしまい、結果的に軸ズレのように背中側からピョコっとペニスが飛び出してしまうような残念な使い心地になってしまっていますね。

003

雑な絵で申し訳ないのですが、挿入した段階ですでにかなり斜めの角度からの挿入方向になってしまっていて、必然的に背中側にペニスが到達してしまう・・・といったような使用感になってしまっています。

004

ご覧の通り、背中にはディルドが透けて見えるくらいに薄くなってしまう部分がありますね。

あまり意識せずに普通にストロークしていれば、背中からピョコピョコとペニスが突き破ってしまうような猟奇的な使い心地になってしまうんですが、少し意識して手で補助してあげれば一応はまっすぐ方向にも突けるようにはなっており、単純に穴が斜め方向についている・・・というわけではなく、かなり大胆な穴のカーブを描くような構造にした結果、うまくカーブを曲がりきれずに事故ってしまっているような使い心地ですね。

002

キャッサバいてみれば一目瞭然で、入り口からはそこまで斜め方向にはついていない構造ではあったんですが、無茶なカーブをつけてしまったせいでまるで軸ズレ100%のような使い心地になってしまっているという非常に残念な挿入感で、そもそもの内部構造の設計段階から致命的なミスを犯してしまっているようなオナホールですね。

001

弾力のあるプリプリとした挿入感ながらも、そこまで無機質さのようなものはなく。リアル系と言うには少し硬すぎるような気はするものの、プリっとした小気味よく引っかかってくるヒダであったり、イボのザラついた触感なんかはオナホとしての気持ちよさは十分確保されており、普通に気持ち良くストローク出来るバランスなのがさらに残念さを加速させていますね。

カーブなんてものは付けずに普通にまっすぐの穴にしているだけでも★3か、ワンチャン★4くらいは付けてもよさそうな挿入感なだけに

なぜこんなつまらない人為的な簡単なミスでオナホの評価を下げなくてはいけないんだ

と、とりあえずオナホに謝って欲しいと思ってしまうような仕上がりに、小さな怒りを覚えてしまいますね。

軸ズレではなく、「これが仕様なんだ」というのであれば、それなりの気持ちよさは確保されているとは言え、その使い辛さやストローク感なんかはどう考えても★1を付けざるを得ないオナホールだと思います。

前作の「猫耳にゃんにゃん」も、確か「軸ズレだった方がまだマシ」みたいなレビューで、シリーズで同じ過ちを繰り返してしまうNPGに不信感を抱いてしまいますね。

オナホデータ

M9087-02-670x猫耳にゃんにゃん2 監禁飼育 松本いちか
平均価格:2,900円前後
1gの値段(nkp):約6.6円
刺激レベル:■■■□□(5段階:3)
review001
販売店はこちら