KURUKURU11
今回はG PROJECTの
「KURU-KURU 11[くるくるイレブン]」
試してみました。

螺旋11回転的なオナホールですね。



螺旋型のオナホール

細分化~複雑化されまくってもはや内部構造のジャンルというのも難しくなってきている昨今のオナホ事情ですが、その中でもまだ「ヒダ」や「イボ」と同じくらいに分かりやすくて代表的なのがこの螺旋形、あるいはトルネード型のオナホールですね。

001
ただ、螺旋とは言っても所詮は多少角度のついた横ヒダの連続構造ではあるので、「螺旋」や「トルネード」の構造だと聞いてイメージするようなギュルギュルっと絡みついてくるような挿入感を醸し出すというのが非常に難しかったりしますね。

あまりにも細かくすれば昔ながらの横ヒダ系のそれと大差がなくなってしまうし。かといって程よい螺旋の構造になっていたとしても、ヒダの高さや太さなんかでは、ちょっとした大ぶりなヒダが引っかかってくるくらいの挿入感にしかなっていないものが過去にも多々あり、

本当の意味での螺旋っぽい感じが醸し出ている螺旋型のオナホールというのは非常に数が少ない

というのが螺旋構造の難しさや奥深さだったりします。

M9391-01-670x

そんな螺旋タイプなオナホールの基本知識を踏まえた上で、今回はG PROJECTからの螺旋推しなコンセプトなオナホールですね。

M9391-02-670x

「ぎゅるぎゅるーっと絡みつく極太螺旋11回転」

そんなキャッチーさのあるコンセプトではありますが、先程も申し上げたように、真の意味でのぎゅるぎゅる絡みつく螺旋型のオナホールは極稀にしか現れてくれないために、このキャッチコピーを見ても「ほんまかいな」という疑わしい目で見てしまうオナ郎です。

M9391-03-670x

螺旋型のオナホールなんだと先に言われていなければ、「連続した太めの横ヒダ系ホールですね」と紹介してしまいそうな断面図になっていますね。

開封してみよう

001

重量は約572g、全長は約16.5cm。

ハンドホールとしては十分すぎるサイズ感となる550gオーバーな大型サイズなオナホールとなっており、螺旋コンセプトよろしく表面の方にも螺旋っぽい加工が施されていますね。

kurukuru11001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

わりと固めな素材が使われている

というのが意外だった点で、内部構造的にはソフト系の素材が使われているのかと勝手に思い込んでいただけに、このしっかりとしたやや固めな素材感になっていたのには少し驚かされました。

臭いや油っぽさは控えめな「グローアップスキン」という素材が使われており、トイズハートのセーフスキンと非常に似た素材ですね。

002

入口はシンプルにも丸みと窪みのついている穴が採用されています。

003

素材が固いので入口部分もあまりクパれませんね。

004

一応は螺旋構造にはなっているんだろうけど、こうやって裏返してみれば太めな連続横ヒダなオナホールに見えてしまうのが悲しい所。

これだけ固めな素材でこの太ヒダ具合であれば、ギュルギュルとした螺旋的な挿入感ではなく

蛇腹系のゴリゴリとしたハードな挿入感になるのでは?

と、今の所はそんな予想をしています。

挿入してみよう

kurukuru11002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

そりゃまぁこの構造と素材なら当たり前のように蛇腹系の挿入感になるわな

といった感じで、予想を大きく裏切ってくれるわけでもなく、断面図から予想していたのとほとんど大差のないような、ダクトホース感のあるゴリゴリとした太ヒダが引っかかってくる蛇腹系の挿入感になっていました。

001

螺旋的なギュルっと絡みついてくる挿入感なんかは、「言われてみればそういう挿入感にもなっているかもしれない」と思える程度のアクセントにしかなっておらず、基本的には太横ヒダのゴリゴリ刺激に支配されすぎてしまっていて、繊細な構造の声なんかはかき消されてしまっている感じですね。

蛇腹ゴリゴリな挿入感とは言っても、ヒダの太さや高さ。素材の固さ加減なんかも相まって、痛みを感じる程には強刺激な挿入感にはなっておらず。あくまでやや強め~くらいのマイルドで程よい刺激加減のゴリゴリボコボコとしたヒダの引っ掛かりを味わえるようになっていますね。

002

奥の子宮ゾーンにも、クポっと奥の穴に挿入しているような蛇腹以外の刺激のアクセントもしっかり存在していたりするので、わりと単調気味にも感じてしまう挿入感ですが、子宮のアクセントがあるおかげで一つのオナホールとしての全体の挿入感のバランスをグっと引き締めてくれているように感じますね。

刺激寄りなオナホールとは言え、ちゃんとどっしりとした肉厚の存在感なんかも感じられるような素材と挿入感のバランス配分になっているのも評価しておきたいポイントで、螺旋型のオナホールではなく、蛇腹系のゴリゴリとした刺激のオナホールとしては素材も肉厚も構造も挿入感もそこそこレベル高く仕上がっているオナホールだと思います。

オススメ度としては60点はギリギリ超えているかな・・・くらいの、★3寄りな★4くらいがちょうどいい評価になるかもしれませんね。

オナホデータ

M9391-01-670xKURU-KURU 11[くるくるイレブン]
平均価格:4,800円前後
1gの値段(nkp):約8.3円
刺激レベル:■■■■□(5段階:4)
review004
販売店はこちら