001
今回はメイトの
「ボクのおなぺっと ふぉ~えば~」
試してみました。

昔なつかし『ボクおなシリーズ』の続編ですね。



2022年に不甲斐なかったメーカーと言えば、少し前のレビューでファンタスティックベイビーを紹介した所ですが、同じくらい不甲斐なかったメーカーとしてはメイトもそのうちの一人だったりしますね。



メイトもファンタスティックベイビーと同じように、人気商品のビッグ版を発売してなんとかなっているようには見えても、2022年に発売されたオナホールはたったの3つしかなく。一時期は『ボクおなシリーズ』だとか『業界一の技術力』だとかで盛り上がっていたのは今は昔。

業界的にもほぼ忘れさられつつある存在になりかけている為に、なんとか2023年はオナホーラーの記憶に残るような商品をバンバンと発売して活気を見せて欲しい所ですね。

001
そんなわけで2023年の一発目に発売されているのが、『ボクのおなぺっと Beginning』に続く久しぶりとなるボクおなシリーズの最新作。

『ボクおなシリーズ』をあまりにもコスり過ぎたのはまだ良いとしても、それ以降のタイトルでは駄作とも言えるようなシリーズを量産しすぎてしまった挙げ句、自らの手でボクおなブランドを地にまで落としてしまった感のあるシリーズですね。

昨今ではRIDE JAPANの「ヴァージンループ」ですら知らない人が増え始めているんじゃないかと思える時代になってきただけに、それよりもっともっと前にヒットしていた『ボクのおなぺっと』を知っているぞ!というのは、もはや古参のオナホーラーくらいしか残っていないんじゃないかと思ってしまいますね。

M9807-04-670x

内部構造には『ボクおなシリーズ』を彷彿とさせるような”横ヒダ系”の面影は一切なく。”段差突起”と名付けられている突起の塊のようなものが全体的についているシリーズっぽさの欠片もない構造になっているようです。

「わざわざボクおなシリーズとして発売する必要はなかったのでは・・・?」とも思ってしまう所ですが、そもそものリリース数が激減して経営面は大丈夫なんだろうか・・・と心配になってしまう程の昨今のメイトなだけに、少しでも売り上げを伸ばす為にボクおなの名前を使わざるを得なかったのではないか・・・なんて深読みして考えたりもすると、納得できてしまう所ではありますね。

開封してみよう

005

重量は約499g、全長は約17cm程の長尺気味なサイズのオナホール。

表面には網目のような変わった装飾が施されていたりと、現代オナホーラーからすると「洗いにくいからやめてくれ」と言われてしまいそうな個性的な造形が採用されています。

onapettofor001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

ふわとろ素材の一歩手前くらいの柔らかい素材が使われており、臭いはほどほど。油っぽさは少し気になるくらいにはついている素材ですね。

006

年々素材が固くなってしまっていたメイトが生み出した「昔のおなぺっと素材を再現してみました」的な『元祖おなぺっと素材』が今回は採用されているとの事ですね。

さすがに当時のメイトのオナホールは持ち合わせていないので、どこまで再現出来ているのかはわかりませんが、触ってみれば確かに「あぁ、昔のメイト素材はこのくらい柔らかかったな」と思えるくらいの素材感ではありますね。

002

入り口は十字の真ん中に穴が空いている、これまた変わった形の造形ですね。

003

入り口からはイボ突起のようなものがチラホラと見えています。

004

イボをあえて手ブレさせた写真のように、イボの残像みたいなものが塊になって突起として形成されている感じの構造になっていますね。

挿入してみよう

onapettofor002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

決定力に欠ける挿入感・・・

というのが挿入から射精まで全体を通して感じてしまう挿入感になっており、「グッドホールになり得る可能性みたいなものは感じられるんだけど、今一歩性能や気持ちよさとしては物足りない」といったようなオナホールになってしまっているような気がしますね。

007

内部の残像イボのような構造は非常に上手く機能しており、厚めのヒダっぽいプリっとした感触がありつつも、ポコポコとしたイボっぽいような連続した突起の刺激なんかも同時に感じられる挿入感で、それらが縦横斜めに配置されている為に、単調さを感じさせにくい複雑っぽく感じる挿入感に仕上がっている感じですね。

わりと柔らかめな素材ながらも、ポコポコプリプリと引っかかってくる突起のエッジ感はかなりしっかりしており、素材自体はわりとローションのノリが良いようなあっさりとした挿入感になっているので、刺激は普通~ややハード寄りくらいのバランスになっています。

008

その単調でもない複雑っぽく感じる縦横斜めなイボ突起の刺激なんかは、それなりに気持ちの良い構造として仕上がっているんですが、その刺激自体はわりとダイナミックで荒い感じの刺激で統一されすぎてしまっている為に、細かい所でペニスに快感を与えてくれるような繊細なギミックの部分がないように感じてしまい、”気持ちいいオナホール”になり得る大事な要素が1つ欠けてしまっているような挿入感になっている感じですね。

009

簡単な改良で言うと、ベースの壁となっている所をのっぺりツルツルさせるのではなく、細かいヒダなり小さいイボなりを全体的に配置してあげれば、もう少し繊細さみたいなものが醸し出てきたりするもんなんですが、わりと個性的に機能しているイボ突起だけの刺激では気持ちよさとしては幾分物足りなく感じるオナホールになってしまっている感じがありますね。

ストローク中も、射精前後も気持ちよさとしては★3程度にしか満足感を得られる事が出来ずな使用感で、オススメ度としてもそのまま★3をつけたくなってしまうオナホールだと思います。

オナホデータ

001ボクのおなぺっと ふぉ~えば~
平均価格:2,500円前後
1gの値段(nkp):約5円
刺激レベル:■■■□□~■■■■□(5段階:3.5くらい)
review003
販売店はこちら