001
今回はタマトイズAIの
『AIVーアイヴー NO.05』
試してみました。

AI系オナホな第5弾ですね。



前回レビューしたタマトイズAIの『プレシャスヒップ・リアルソフト』。



こちらは大型系のちょっと路線の違うオナホというのもあって、パッケージにだけAI要素が使われているようなものでしたが、今作からはまたタマトイズAIの平常通りに、内部構造にもAI要素が取り入れられているオナホールに戻ってきたようですね。

001

「さすがAIさんだぜ!」と言わんばかりのクオリティ高めなパッケージになっているのは、もはやもう毎度の事になってしまっており、『AI要素』以外は特にオナホと関連性が高いものではない為に、商品が増える度に新鮮味も徐々に損なわれ、「キレイでいいパッケージだね」くらいの感想しかなくなってきてしまいますね。

M10384-04-670x

内部構造は有機的な感じの太ヒダがベースの構造になっており、真ん中にはうねうねとした縦ヒダが繋がっているのが特徴的ですね。

M10384-05-670x

「葉脈をモチーフにした内部構造」

という事で、ちょっとAIらしさがあるようなコンセプトが足されており、タマトイズAIも回数を重ねてブラッシュアップしていっている感じがありますね。

いっその事、『葉っぱ人間』的なものをAIで生成してパッケージにしてくれていたりするば、生涯オナ郎の記憶に残る程のインパクトを与えてくれていたんじゃないかと思います。

開封してみよう

001

重量は約462g、全長は約16.5cm。

ストレートな筒型タイプのオナホールになっており、目立った装飾もなく、非常にシンプルな造形になっていますね。

aiv06_001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

固さは普通くらいで、臭いや油っぽさは"ほどほど"~"少し気になる"くらいにはついている素材が使われています。

±0普通

固さ加減の説明の詳しい表はこちらから

固さレベルは『±0』とほぼ同じくらいで、『±0』よりかはほんの少しだけ柔らかいかな・・・くらいの素材感ですね。

002

入り口は凸型の少し出っ張った造形になっています。

005

入り口から見ると、螺旋形の太ヒダっぽくも見える構造ですね。

003
004

きっちりとした図形のような構造ではなく、有機的な要素も入っているような構造なので、対称型ではあるけどきっちり同じではない・・・といった『微対称型』みたいな構造になっている感じですね。

『葉脈をモチーフにした』というのはコンセプト的には面白い発想ではありますが、構造的にはそこまで斬新って程でもなく、過去に何らかのオナホールで似たようなものがあったような気もしますね。

挿入してみよう

aiv06_002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

基本的には横ヒダベースな挿入感

になっており、シンプルな横ヒダ系ではあるんだけどほんのちょっぴりだけ隠し味的な要素として個性が加わっているような横ヒダ系のオナホールですね。

001

蛇腹系オナホールのようなポコポコとしたリズミカルと、横ヒダ系オナホのゾリゾリ感を足して2で割ったような、凹凸具合が分かりやすい立体感もあるような横ヒダ感になっているんですが、そこまで刺激が強いという程ではなく、わりとマイルドなヒダ加減で楽しめるようなバランスになっていますね。

002

中央部分についている縦ヒダ部分は、かなりナチュラルに裏スジやらをモコっと押し上げてくるような挿入感として機能しているんですが、あまりにもナチュラルにフィットしてくる為に、普通に挿入しているだけではそのアクセント具合に気付きにくく、角度を変えて縦ヒダのポイントをズラしたりすれば「あぁ、確かにグイっと押し上げてくる確かなアクセントが裏スジにあったのだな」と、失って初めて気付くアクセント・・・みたいな存在として機能している感じですね。

リズミカルに優しい厚ヒダがモコモコジョリジョリと刺激してくる挿入感は、それなりに安定感もあり、ナチュラルすぎて気付きにくいとは言ってもフィット感を向上させているような縦ヒダも機能はしていたりと、

普通のネジ型な横ヒダ系のオナホールでは醸し出せないであろう、ちょっぴり独自のスパイスを効かせた横ヒダ系

みたいなオナホールだと思います。

わりと安定感のある気持ちよさではあるので、普通に使って普通に気持ちいいと言えば気持ちいいんですが、厚ヒダ系のオナホなだけに射精感を煽ってくるような繊細な気持ちよさがそこまで高くはなく、気持ちよさとしては★3か★4かで少し迷ってしまうくらいの評価になる感じですね。。

独自のスパイスを効かせているとは言っても、大雑把に言えば「わりとシンプルな横ヒダ系のオナホール」になってしまう為に、中~上級者には少しオススメしにくくなってしまい、あともう一捻りくらい分かりやすく主張してくるアクセントがないと中~上級者のオナホーラーでは楽しみの少ないオナホールになってしまうかもしれませんね。

「まぁ・・・ちょっとした個性は感じられるし60点はギリギリ超えているか・・・」くらいの、限りなく★3寄りな★4くらいがちょうどいい評価なんじゃないかと思います。

オナホデータ

001AIVーアイヴー NO.05
平均価格:3,100円前後
1gの値段(nkp):約6.7円
刺激レベル:■■■□□(5段階:4寄りな3)
review004
販売店はこちら