005
今回はトイズハートの
『フェラペロ 初々しい彼女 イタズラロリポップのおクチ』
試してみました。

リアル舌粘膜×密着ディープフェラ的なオナホールですね。



2024年の一発目となるトイズハートからのオナホールという事で、2023年は大成功を収めたトイズハートなだけに、2024年は一体どういう動きを見せてくるのかが非常に気になる所ですね。

M10550-14-670x

今回はフェラチオタイプのオナホールとなっており、トイズハートはわりとフェラチオコンセプトなオナホールを定期的に出してくるイメージがあるんですが、わりと攻めたコンセプトになっているものが多くて、評価の振れ幅が大きい傾向にあるような気がしますね。

0011

それでもどこかのメーカーのように、"よくあるテンプレな形での無難に歯のついたフェラホール"を発売してくるよりかは、よっぽどモノづくりをしていてレビューのしがいがあるわけですが、ものによっては「その仕様でよくフェラチオホールと名乗れたもんだな!」みたいなものも中にはしっかり混じっていたりもするので、トイズハートがフェラチオホールを出してきた時には"凝"をおこたらないように心がけて下さい。

M10550-16-670x

今作には歯はついておらず、内層にはほんのり肉厚二層な雰囲気を漂わせている構造になっており、特に前半付近にある3Dのモデリングをそのまま具現化したような大きな舌が特徴的ですね。

M10550-17-670x

奥の方は短い縦ヒダ系の突起が付けられている構造になっており、分かりやすい二段構造のオナホールになっている感じですね。

見て分かる通り、口内を再現したようなリアル系のコンセプトではなく、非現実なオナホオナホさせているコンセプトになっています。

開封してみよう

001

重量は約381g、全長は約14cm。

ぱっと見でもフェラホールだと認識出来る鼻と口がついた造形になっていますね。

003

穴の長さは約11cmと少し短めな作りになっています。


ferapero001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

外層素材にはかなり硬めなものが使われており、臭いや油っぽさは控えめな『ヒトハダマテリアル』という素材が使われています。

+2バリ硬

固さ加減の説明の詳しい表はこちらから

固さレベルはおよそ『+2』と同じくらい。内層素材は柔らかくて口径も広めな為に、中央付近をもんだ時にはもう少し柔らかく感じてしまうんですが、最奥部分なんかを揉んでみれば『+2』レベルに固い素材だという事が分かりますね。

002

鼻と口はついている・・・

とは言っても、造形的にはかなり控えめな表現になっており、じっくり見ればおよそ顔的なパーツではないんですが、人の認知能力のおかげで顔っぽいものに見えている感じですね。

「人の顔っぽく見える現象」になんだか難しい名前がついていたな・・・と思って調べてみると『パレイドリア現象』と呼ぶらしので、オナホ動画.com的に無理やり使うのであればパレイドリア感のある造形という事になります。

ひょっとしたら二次元的なイラストの表現を三次元で再現しようとしているのかもしれないので、最先端の技術を使って合成してみたのがこちら。

001

思っていたよりも違和感がなかったので、きっとそういう事なんでしょう。

005

内部は柔らかめの素材が使われており、触った感じだけで言うと『-1』以上はありそうな柔らかさになっていますね。

003
004

先程の断面図の写真ではかなり大きめな舌が前半部分の大部分を占めているような構造に見えていたんすが、こうして裏返してみるとそれほど舌のパーツは大きすぎるという程ではなく、ちょっとパネマジをくらったような気分になってしまいますね。

断面図だけでは見えていなかった部分としては、舌の反対側には口っぽい感じの縦ヒダパーツがつけられていたりと、思っていたよりもリアルな口内に寄せた構造になっていたようですね。

挿入してみよう

ferapero002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

フェラっぽさに特化したわけでもなく。
舌パーツが動き回るわけでもなく。
オナホの内部構造的に個性があるわけでもなく。

・・・といったような、どの部分にフォーカスしても少し中途半端だと思ってしまうような挿入感になっているわけですが、逆に言えばどの部分もそこそこ悪くはない程度には出来ているバランスなだけに、もうちょっと踏み込んだ特化部分やバランス調整があれば★1個分くらいの評価が上がったのにな・・・と思ってしまうオナホールですね。

001

内層は柔らかめな素材が使われている為に、ねっとりまったりとした挿入感なんかは口内っぽいと錯覚しやすいテクスチャーになっている感じですね。外層素材は硬めな素材なので、柔らかさの中にもグっと押さえつけてくるタイトさがあったりと、肉厚二層ならではの挿入感になっていますね。

ただ、その内層素材の柔らかさゆえなのか、構造自体がだめなのかはわかりませんが、裏筋側をグイっと持ち上げてくるような立体感こそは味わえるものの、舌パーツがペロリとめくれたり絡みついてきたりといった動きは全く味わう事は出来ないですね。

挿入の角度を変えたり、ストローク幅を変えたりと工夫をしてみても、舌パーツは厚めの肉厚部分として裏筋側に鎮座しているだけの存在になってしまっており、断面図の舌パーツのインパクト程にはペニスにアクセントを与えてはくれない挿入感ですね。

002

奥の方には縦ヒダ突起のようなものがついているので、ボコボコとした縦ヒダがペニスに当たってくる刺激を感じる事が出来るようになっているんですが、その刺激加減やアクセントも縦ヒダ系のオナホールにしては控えめすぎるくらいのアクセントにしかなっておらず。

さらに言えば喉奥感を演出する為の奥の狭穴構造ですらも、「そこまでいう程圧迫感や喉奥感はないな・・・」と思ってしまう程度に、変化の浅い挿入感になってしまっていますね。

0014

舌の反対側についている縦ヒダ系の構造部分は、これまた控えめ気味ではあるものの、裏筋側からの舌パーツの圧迫感と、反対側の縦ヒダとの組み合わせで心地良く感じられるような挿入感になっており、この部分があるおかげでトータルでのバランスが少し向上しているように感じられますね。

0074

多少の不満点としては、穴長さは約11cmと少し短い作りになっている上に、外層素材が硬めの素材で底が厚く作られている為に、

奥の方まで挿入しきれない寸詰まりっぽい挿入感

になっているので、ストロークの心地良さの点で若干ながら不満を覚える仕様になってしまっているので、ロングペニスをお持ちの方には不向きなオナホールになっていると思います。

トータルでの挿入感としては「それなりに気持ちは良い」と感じられるようなものには仕上がっているので、実用性の面ではそれほど悪くはないものではあるんですが、フェラホールとしてもオナホとしても「ここが良いんだ!」とオススメ出来るような具体的なポイントが見つからないオナホールになってしまっている感じですね。

オススメ度としては★4にはギリギリ届かずな50点代後半くらいの★3がちょうどいい評価になるんじゃないかと思います。

オナホデータ

M10550-14-670xフェラペロ 初々しい彼女 イタズラロリポップのおクチ
平均価格:3,500円前後
1gの値段(nkp):約9.1円
刺激レベル:■■■□□(5段階:3)
review003
販売店はこちら