AIヴァージン-クロスフェンダー

今回はリグレジャパンの
「AIヴァージン クロスフェンダー」
試してみました。

AIから誕生した電脳少女的なオナホールですね。



2015年に「うろこほーる」でデビューしてから早6年。今までには30個以上のリグレジャパン製のオナホールをレビューしてきたわけですが、ついに先日「亀頭ゾリゾリ 連続のどちんこほーる」で初となる★5が出てメデタシメデタシ・・・な反面、基本的には国産オナホで頑張ってきたリグレジャパンなだけに、初めての★5が中国製の素材だったというのも複雑な心境なのかもしれませんね。

M8998-01-670x
そんな「亀頭ゾリゾリ 連続のどちんこほーる」からわずかに遅れて発売されているのが今回のオナホール。
AIから誕生した電脳少女が導き出した超絶昇天への条件。
数々の秘技をインストールした全力刺激(クロスフェンダー)にキミは耐えられるかっ!?
こんな設定の文章がパッケージの側面に書かれている通り、

AIから誕生した数々の秘技をインストールしている電脳少女

というのが基本的なコンセプトになっているんですけど、公式の説明文では

「AIでも学習不可能な初めての体験!?」
「これだけ熟成されたいやらしい熱ヒダはAIの時代でも解明できない!!」

このようなAIを否定する文章がいくつか書かれていたりで、関西出身のオナ郎としては「どないやねん」というツッコミを入れたくなってしまいますね。

実際AI的な要素は今回のオナホには全く関係ないんでしょうけど、近い将来本当にAIが作ったオナホールなんかが発売・・・なんて日も訪れるのかもしれませんね。

M8998-01-670x

一応そのコンセプトに則ってこの断面図を見てみると、オナホ的にはヒダ構造よりも快感性能が劣りがちなイボ系の構造を「AI」が導き出した、というのも興味深い結果ですね。

正解はこの後すぐに発表しますが、この画像だけを見てどこの工場(OEM)で作られているオナホなのかを即答出来る人はオナホ中級者以上の知識は余裕であるんじゃないかと思います。

開封してみよう

001

重量は約322g、全長は約15cm。表面に細かい凹凸のついた加工が施されており、全体的に軽いウェーブが付けられている造形になっています。

うろこほーる」や「愛して!シーマスカット!」の初期の頃に作られていたものと同じ造形が使われているんじゃないかと思います。

aivirgin001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

少し柔らかめで臭いや油っぽさはほどほどくらい。十中八九「RIDE JAPAN」のOEMで作られている素材で、外側は「バンジータッチ」と同じ素材ですね。

002

入り口はビラビラのかなり大きめな造形で、デフォルメ色も強めですね。

003

内部は二層構造が採用されている、RIDE JAPAN的な表現で言うと「バンジータッチ二層」というやや珍しめな組み合わせのオナホールですね。

004

内部は不規則な形や位置に大きめのイボ突起が配置されているような構造で、ベースとなる壁にもうっすらとしたヒダが付けられていますね。

挿入してみよう

aivirgin002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

良いな。

断面図を見る限りでは「下振れで★3、上振れで★4くらいかな・・・」といった予想はある程度当たってはいたんですが、断面図からだけは伝わって来なかったプラスアルファな良さがちゃんとあったりで、想定していた挿入感よりかはずっと良いものでしたね。

見た目からも分かりやすい大きなコブのモコモコ感はもちろんイメージそのままな挿入感になっていて、ストロークするたびにデコボコのコブが上下左右から不規則なアクセントをペニスに与えてくれるような挿入感になっていますね。

005

ベースの壁についている細かいヒダがザラザラと亀頭を擦ってくるような刺激具合が意外にもしっかりと働いてる  というのが、想定していなかったプラスアルファの要素で、硬すぎず柔らかすぎずな程よい硬さ加減でザラザラジョリジョリとした壁全体が亀頭を刺激してくる様なんかは、お尻がピクつく一歩手前くらいな程良く刺激寄りくらいな気持ちよさに仕上がっており、コブのアクセントとザラザラとした壁の刺激の具合が非常に丁度よい加減でブレンドされているようなオナホールになっていますね。

006

不満点としては、コブがついていない薄い部分に少し肉薄さを無視は出来ないくらいには感じてしまう挿入感になっているという点で、この構造と造形であるのならば余裕を持ってあと50g~100gくらいは大きいサイズだった方が良かったかもしれませんね。そこが改善されていたとて★5に届いていたとは思いませんが、★5寄りな★4くらいの感想にはなっていたんじゃないかと思います。

そこまで斬新な挿入感であったり個性の強めな特殊な挿入感ではありませんが、刺激寄り~くらいのバランスのオナホが好きな方であれば、わりと楽しめるであろうくらいには良いオナホールだと思います。

オナホデータ

M8998-01-670xAIヴァージン クロスフェンダー
平均価格:2,300円前後
1gの値段(nkp):約7.1円
刺激レベル:■■■■□(5段階:4)
review004
販売店はこちら