ピュアブライド-処女宮-小山内イデア

今回はマジックアイズの
「ピュアブライド 処女宮 小山内イデア」
試してみました。

大型トルソーホールですね。



二年程前に発売されていた「ピュアブライド」という名の超大型トルソーホール。





前作は5.8kgや5.5kgと、もはやドールに近いくらいな抱きかかえるようにして使うような商品でしたが、今回はもう少し取り回しの良い1.4kg程のサイズになっての「ピュアブライド」なシリーズの登場ですね。
001
ピュアブライド 処女宮(バルゴ)

との事で、「ピュアブライド」シリーズだけではなく、「すじまんくぱぁ!ろりんこ処女宮~バルゴ~」のバルゴ的な要素もミックスして作られたオナホールのようですね。

ここ最近のマジックアイズは、一昔前の「オナホ業界のイノベーター」と呼ばれていた頃のように、オナホーラーをくりびつ仰天させてくれるような新しいギミックや構造、造形のオナホールはほとんど出しておらず。過去に発売していたものの素材違いバージョンだったり、シリーズの続編ものばかりだったりで、

新しいものを生み出さなくなってしまった

といったような印象が強く。「ついにマジックアイズのアイデアも枯渇してしまっただろうか・・・」と心配になるようなラインナップばかりが続いていますね。

最近はオナホ業界全体が元気がない感じがするので、またあの頃のように「すすす、すげぇ!!」と思わせるようなオナホールを作ってくれるマジックアイズに戻ってきて欲しい所です。

開封してみよう

001

重量は約1414g、全長は約25cm。微妙な腹筋のスジ具合であったり、バストからウエストへのくびれ具合だったりと、前作の「ピュアブライド」よりも小さくなったとは言え、造形の完成度はむしろ上がっているような気がしますね。

002

プリっとしたお尻。背骨や肩甲骨のラインもしっかり再現されていますね。

さも当たり前かのように最近では組み込まれている骨格パーツが今回は入っておらず、骨格がなかったらなかったで、少しフニャフニャしていて取り回しが悪く感じてしまいますね。

purebraidbarugo001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

少し柔らかめで臭いや油っぽさは少し気になるくらいにはついている素材が使われており、マジックアイズの商品ではよく使われている「マジックアイズSKIN」という素材ですね。

003

しっかりとしたブリスターケースに入れられていたんですが、おっぱいの当たりどころが少し悪かったようで、片乳だけ少しひしゃげてしまっていました。

purebraidbarugo002

おっぱいには別素材は使われておらず。全体的に柔らかめの素材なので、揉み心地はそこまで悪くはありませんね。乳首は着色ではなく別素材のものが貼り付けてある作りですね。

004

元祖くぱぁ造形なマジックアイズなので、入り口はもちろんくぱぁ的なものになっています。

005

軽く開いてみると、うっすらとしたピンク色の入り口が挨拶してきますね。

006

さらにその奥には、また別素材な濃いピンク色の入り口があり・・・。

007

さらにその奥には子宮口のような入り口がまたついている

という、入り口だけで色んな景色が楽しめるような作りになっています。

M8847-03-670x
M8847-01-670x

さすがにひっくり返せないので、こちらが断面のイメージ図。

オナホ的にはだいぶ手前の方に子宮がついている(入り口から6~7cmくらいの所)ような作りですが、リアルな膣は大体7~10cmの所に子宮がついているらしいので、

わりとリアルな膣に寄せてある子宮口の位置

と言えるのかもしれませんね。

挿入してみよう

purebraidbarugo003
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

たまになにかのオナホールのレビューで

オナホっぽさとリアルっぽさを感じさせてくれる挿入感

なんて表現をする事がありますが、このオナホールもそれと同じような感想を頂いてしまうような挿入感になっており、オナホっぽく誇張されたような挿入感と同時に、リアルを感じさせてくれるようなナチュラルな膣っぽい挿入感も内包しているようなオナホールとなっていますね。

001

これだけあからさまに連続ヒダのようになっている入り口部分なんですが、実際の挿入感はそこまで連続したヒダがめくれまくるようなものとは違って、一部ではコリっとした引っかかりもありつつも、全体的にはそのヒダが潰れてグチ
ョっとした肉の柔らかさみたいなものも演出出来ているような、ナチュラルな膣っぽさを感じさせてくれるような導入部
となっていますね。

余裕のある肉厚から生まれる強すぎず弱すぎずなナチュラルなギュっとした圧迫感というのも、リアルっぽさを感じさせてくれる一つの要因になっているような気がします。

003
※キャッサバむずすぎワロタ

わりと手前の方に子宮口がついているだけあって、亀頭をクポっと咥えこんでくれるような挿入感はまさにオナホらしさを感じさせてくれるような部分ですが、そのクポついた加減もそこまで強くはなっておらず、入り口付近からのナチュラルさに続いて自然と子宮口の奥へと誘(いざな)われるような一体感のある子宮ゾーンになっていますね。

子宮口の奥にもかなり余裕があり、子宮の中に入ってからもペニスを奥のさらに奥へとめり込ませていけるような、子宮口の中まで堪能出来る挿入感を味わう事が出来、ザラついた壁の刺激だとかクポっと引っかかる刺激だとかの程よい刺激加減を終始亀頭周辺で感じる事が出来るようなオナホールとなっている感じですね。

もちろんリアルな膣の挿入感とは全く違って、オナホらしいヒダやら子宮やらの刺激は加味されているんですが、それらの一つ一つがオナホオナホしたようなあからさまな異質な刺激とは違って、肉のグニョついたような感じなんかが上手く表現出来ており、

実際にはありえないんだろうけどある種の名器に挿入しているかのような錯覚を覚えるオナホール

となっている感じです。

全体的にはマイルドな挿入感にはなっているものの、継続的に亀頭へ負荷がかかる子宮系の刺激のせいで、少しくすぐったくも感じるような刺激が混じってしまっている為に、★3か★4かで迷うくらいにしか気持ち良さを感じられなかったのが残念な点で、こればっかりは子宮系のオナホの好みかどうかで評価は大きく変わりそうですね。

めちゃくちゃ大胆な子宮のクポッ!!!っとした刺激でもないので、子宮構造のダイナミックなクポ感が好きな方も、少し物足りなく感じてしまうであろうオナホールでもあり、どちらかと言えば子宮構造よりも、リアル系のオナホール(子宮アクセント付き)が好きな方の方が楽しめるかもしれませんね。

造形美や、完成度の高い挿入感という事もあって、気持ち良さだけで★4か★3かで迷って★3を付けるのは申し訳なさすぎるオナホールでもあるので、オススメ度としては★4くらいは十分つけておいても良いオナホールだと思います。

オナホデータ

001商品名
平均価格:6,500円前後
1gの値段(nkp):約4.5円
刺激レベル:■■■■□(5段階:4)
review004
販売店はこちら