ロリータGスポット
今回はトイズハートの
「ロリータGスポット」
試してみました。

街で見かけるあの娘とのイチャラブセックス的なオナホールですね。



一体いつからだ?

001

明確に“いつからだった”という時期の境はないんだけれども、いつの間にやら魅力的  あるいはそう見える新作のオナホールというものも年に数個あれば良い方で、その頻度がジワジワ減ってきた挙げ句、去年の2021年なんかが一番トイズハートが落ちぶれた年になってしまったと感じてしまう今日この頃。

たまにいくつか魅力的なオナホが固まって発売された時なんかは「王者復権なるか!?」という期待を胸に抱いたものですが、昨年のトイズハートは「本当にこんな構造で大丈夫なのか?」と疑わしい実験的とはもはや呼べないような実用性に乏しい構造のオンパレードと、評価がそこそこ高かったものと言えば遥か昔に発売されていた人気作の改良版や続編のみになってしまい、「王者復権」なんて言葉ですらすでに過去の産物になってしまったかのような、期待すらされないメーカーに成り果ててしまいましたね。
001

発売されていたのは2021年の12月だったので、トイズハートが2021年最後に投入してきたオナホールが今回の2つのオナホールになりますね。

いつものように特にオナホとは関連のなさそうな「ロリータGスポット」というシチュエーションやキャラクター重視なコンセプトはトイズハートではもはやお馴染みなので良いとして、

001

そこに付けられているサブタイトルが「地雷系」と「量産型」という

EfJJbAfUEAIwzcR

とツッコミたくなるような商品名がつけられていたりと、今のトイズハートの状況を考えるとあまり笑えないギャグのように受け取ってしまいますね。

M9145-03-x

さらに言えばオナホールの方は昨今では敬遠されがちな200g以下の肉厚不足な小型サイズになっている上に、内部構造の方もこれまた「本当にこれで大丈夫だったのか?」と心配になるような構造であったり・・・。

M9144-03-x

断面図ですでに軸ズレしてるんちゃうんか疑惑

のある内部構造を堂々と商品画像として掲載していたり・・・と、これが一見まともそうに見えるオナホールであれば商品名の「地雷系・量産型」というのも「またまた際どいネーミングをつけちゃって!」と笑いながらレビューを始められるんですが、本当に名の通りな地雷で量産型なオナホールに見えてしまうだけに、このままレビューをするのが怖いまである始末ですね。

開封してみよう

101

逆に凄い

現代のオナホールに求められているサイズ感やら造形やらというものを一切無視した、この細身すぎて笑いがこみ上げてくるような造形のオナホをあえてこの時代に発売してくるというのは、やべぇを通り越してむしろここまで潔く時代の流れに逆らったオナホを発売出来る勇気というものを讃えたくなってしまいますね。

このサイトを始めた10年くらい前にはこういった造形のオナホも良く見たもんでしたね。

地雷系の重量は約150g、全長は約15cm。
量産型の重量は約162g、全長は約14.5cm。

小型ホールには小型ホールなりの需要というのも今でもあるはずなので、200g以下のオナホールを発売するというのも良いとは思うんですが、

いくらなんでも、たった150g前後の重量で全長を15cmにもしたらいかんだろう・・・

と思ってしまいますね。

loritagspot001
loritagspot003
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

素材はシリーズでどちらも同じ「モイストスキン」というものが使われており、少し柔らかめで油っぽさはほどほど~少し気になるくらいについており、少し粘土っぽい臭いが漂ってくる素材ですね。

102

入り口はリアル寄りなもので作られており、量産型の方はやけにクリトリスが大きい造形ですね。

001

内部はどちらものっぺりさせた壁に、かなりざっくりしたヒダというか棒というか、そんな感じのものがつけられた構造になっています。

103

逆に凄い

現代のオナホールに求められている一見して気持ちよさそうに見えるキャッチーさや斬新さというものを一切無視した、ざっくりしすぎて笑いがこみ上げてくるような構造のオナホをあえてこの時代に発売してくるというのは、やべぇを通り越してむしろここまで潔く時代の流れに逆らったオナホを発売出来る勇気、というものを讃えたくなってしまいますね。

009

「節子、それヒダやない。棒や。」

ロリータGスポット~地雷系~に挿入してみよう

loritagspot002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

まぁ刺激はある。

小型ホールの限られたスペースの中にデカデカと鎮座している棒がいくつもついているだけに、プリっとカリに引っかかってくるような刺激なんかは感じられるような挿入感になっていますね。

002

良くも悪くも・・・というか、この挿入感をどう良く言っていいのかは分かりませんが、本当にただただその棒がプリっといくつか引っかかっているだけの挿入感で、気持ち良いとか気持ち良くないとかそういう感想を言えるようなものではなく、「そういった刺激になっている」という無感情な意見だけが湧いてくるような挿入感ですね。

001

ペニスがうっすら透けて見えるくらいに肉厚が薄っぺらな仕様になってしまっているのは、小型ホールなので仕方がないとして、それ以前に

このオナホールでユーザーに気持ち良い体験をしてもらいたい、というメーカー側の意思がさっぱり感じられないような挿入感や使用感

になっており、「オナホール」というものを知らない人が、「ゴム素材で穴の空いた筒状造形のもの」という必要最低限のオナホの知識だけでなんとなく作った代物とまるで大差のないような、オナホール足り得ていないような代物ですね。

このオナホールに童貞を捧げてしまった人が「あぁ、オナホってこんなもんなんだ」とガッカリしてして、オナホに興味をなくしてしまう事がないように、このオナホは★1の評価なんだとしっかり伝えておきましょう。

オナホデータ

M9145-01-xロリータGスポット~地雷系~
平均価格:750円前後
1gの値段(nkp):約5円
刺激レベル:■■□□□(5段階:2)
review001
販売店はこちら

ロリータGスポット~量産型~に挿入してみよう

loritagspot004
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

こちらはまだオナホ足り得ているかいないかで言えば、まだオナホとしての体(てい)は保てているような挿入感で、ちゃんとヒダのジョリっとした刺激であったり、イボっぽいものがザラっとコスってくる刺激なんかも感じられるような挿入感になっていますね。

004

断面図ですでに軸ズレしてるんちゃうんか疑惑があった挿入感も、実際に挿入してみれば軸ズレしている感じはなく、逆にこの細身造形で裏スジ側に肉厚を寄せて作っている事によって、多少ながらも肉厚の薄っぺらさというのを誤魔化せているような挿入感になっているというのは悪くない点でした。

003

小型ホールなのでそこまで多くを求めるのは酷というものですが、オナホとしての最低限の体(てい)は保てているとは言っても、心地よさや気持ちよさで言えば一般的なオナホールに大きく劣ってしまうような代物で、

一応はオナホとして使えるけどオススメしたくはならない

といった程度な満足感しか得る事が出来ず。普通にストロークしていれば射精くらいまでは出来るんだろうけど、一日の精子をこれに吐き出してしまうくらいであれば手コキで果てた方が満足感があるだろうな・・・と思ってしまうくらいの使用感ですね。

オススメ度としては★1寄りな★2くらいが程よい評価で、小型ホールに求める「普通に使えて普通に気持ちいい」というラインには至っていないオナホールですね。

オナホデータ

M9144-01-xロリータGスポット~量産型~
平均価格:750円前後
1gの値段(nkp):約4.6円
刺激レベル:■■■□□(5段階:3)
review002
販売店はこちら

※今回は二本同時のワイド版のレビューとなりますので、明日のレビューはお休みさせて頂きます。