G-PROJECT-10th-ANNIVERSARY-PREMIUM-SET
今回はG PROJECTの
「G PROJECT 10th ANNIVERSARY PREMIUM SET」
試してみました。

10周年記念的な数量限定オナホールですね。



G PROJECT10周年記念\(^o^)/

という事で、ついこの間もマジックアイズが10周年とかなんとかで10周年記念なオナホールを発売していたのは記憶に新しいですが、G PROJECTも今年でめでたく10周年だったんですね。

そういえば思い出してみれば、このサイトを開設した次の年くらいに「Ju-c」という2つのオナホールをレビューした気がするので、10周年というのも年数的にはぴったりではありますね。





オナ郎が把握している限りで、ちょうど10年くらい前のオナホ動画.comとほぼ同時くらいに現れたメーカーは
  • RIDE JAPAN
  • マジックアイズ
  • G PROJECT
  • プライム
上記の4つのメーカーで、プライムに限ってはオナホの販売から遠のいてしまっていますが、どのメーカーもアダルトグッズ業界の第一線で活躍しているメーカーばかりで、なんだか感慨深いものがありますね。
M9557-01-670x
そんなわけでめでたく10周年を迎えたG PROJECTの記念的なオナホールが今回の商品。

パッケージには3人の女の子が描かれているのと同じように、今回は贅沢にも3本のオナホールが同時封入されているという豪華仕様なオナホールのセットになっていますね。

M9557-03-670x

商品説明を読む限りでは「スタンダード素材」「ソフト素材」「人工皮膚素材」的な3種類の素材を楽しめるというのが今回のコンセプトになっているようですね。

ただ、内部構造の紹介画像がなぜか公式で用意されていなかったりと、一体どんな構造のものが入っているのかが分からない・・・というAmaz◯n仕様的なオナホールになっているのが気になる所。

おそらくは素材の比較がしやすいようにと、

おそろしくシンプルな横ヒダ系のオナホールが用意されているんじゃないか・・・

と開封する前に予想しておきましょう。

001

ちなみに内容物は全く同じで、パッケージだけがAV女優を採用した別バージョンが存在していたりします。

記憶の限りでは過去に一度たりともAV女優のパッケージを作った事がないはずのG PROJECTなだけに、「なぜそんな仕様なものをわざわざ用意したんだろう・・・」と思ってしまいますね。

開封してみよう

002

公式のパッケージ画像だけではサイズ感が分かりにくいので、手に持った時のサイズが大体こんな感じ。

横幅が約30.5cm、縦幅が約20cmのちょっとしたハンドタオルのセットでも入っていそうな感じのサイズ感ですね。

003

奥行きは約6cm程なので、全体的にスリムな印象を受けますね。パッケージのイラストやデザインも非常に良く、紙の質感もサラサラとしたいい感じのものが使われていたりするので、記念品として棚に飾っておくのも悪くないな・・・とは思えるくらいの物に仕上がっている感じです。

004

蓋を開けると3つのオナホールがぴったり収まっている気持ちの良い仕様ですね。

005
009
011

個体差で数グラム程の差がありますが、重量は大体250g前後くらいで全長は約14cm。全て同じ造形が使われているみたいなので、便宜的に共通部分はスタンダード素材を使って紹介させていただきます。

10tani001
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

「スタンダード」は普段G PROJECTがよく使っているmomochi素材で、固さは普通~少し固めくらい。臭いは控えめで油っぽさも方も控えめ気味なものになっています。

10tani002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

「ウルトラソフト」は普段「ふわとろ素材」と呼んでいるものよりもさらにもう1~2段階くらい柔らかい素材となっており、「KUU-SOU ULTRASOFT」で使われていた素材と同じものでしょうね。

10tani003
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

人工皮膚は去年話題になった「次世代HOLE HON-MONO人工皮膚」と同じ素材で、こうして他の素材と触り比べてみれば確かに「皮膚っぽい」というか「皮っぽいもの」で全体が覆われているような触り心地に感じますね。

人工皮膚は外側だけに使われており、内部にはかなり柔らかい素材が使われた二層素材になっているみたいです。

006

入り口は丸い穴が開いているだけのシンプルな作り。

007

やはり内部はシンプルな横ヒダで構成されているみたいですね。

001
002
003

「ウルトラソフト」に限っては、柔らかすぎて裏返しにくいせいでもはや別物の内部構造のようになってしまっていますが、全て同じ横ヒダ系の構造が採用されたものになっているみたいですね。





多分ですけど、外型の造形的にも内部構造的にも「玄人HOLE-HD」か「玄人HOLE-SK」のどっちかのオナホールと全く同じものが使われている感じで、裏返した状態ではどちらかが判断付かないですね。

スタンダードに挿入してみよう

10tani006
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

キャッサバくまでもなく、挿入しただけで「玄人HOLE-HD」の方だな!と自信を持って言える感じで、間違っても★4はつけないであろうこの挿入感であれば「玄人HOLE-HD」であってくれないと、過去の評価が嘘八千になってしまって再レビューしなくてはいけないレベルです。

改めて使ってみても過去にレビューした時の★3という評価にもかなり納得出来るような★3くらいがちょうどいい評価なオナホールで(ワンチャン★2でも良かったかもしれない)、横ヒダ系のオナホであればわざわざこれを買わずとももう少し安定して気持ち良さを得られるようなものが他にもあるかな・・・といった挿入感ですね。

001

どうもこのテーパー型の狭穴仕様な穴の具合と、波打った感じの完全な横ヒダじゃない構造。そしてやや固めな素材感がうまく噛み合っていない感じで、ややロケット気味(挿入するとペニスが吐き出される仕様)な挿入感であったり、ローションスクレイパー(ストロークしているとローションが消えてしまう現象)であったりも使いにくさを感じてしまう所で、

3つの素材違いなオナホールの中ではこれが一番評価が低い

と言わざるを得ない感じですね。

せめてもう少し柔らかめの素材の方が使用感的には良かったんじゃないかと想いますね。

ウルトラソフトに挿入してみよう

10tani005
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

「素材が違えばオナホは別物」という名言がある上に、ここまで柔らかい素材であればそれはもう

全く別物のオナホールと言っていいくらいに性質の大きく異なる挿入感

になっていますね。

002

内部に付けられているヒダの存在なんてものは一切感じる事は出来ず。むしろオナホがペニスに触れているという感覚すら少し危ういくらいの空気感のある挿入感になっており、

幽霊とのセックスをデフォルメで表現すればもしかしたらこんな挿入感なのかもしれない

と思ってしまうような挿入感になっています。

KUU-SOU ULTRASOFT」の時はもっと重量があったので、「スライム感」みたいな表現になったんですが、250gくらいの重量であればそのスライムっぽさすらなくなって、

「空気に挿入している」

といった表現の方がしっくりくる感じですね。

どこまでいっても射精感のようなものは強めの気持ち良さは訪れてはくれませんが、コスり続けていれば一生勃起状態は維持出来そうな感じのふんわりやんわりとした心地よさみたいなものは延々と感じる事が出来るので、これで射精出来てしまえば「おもらし感」みたいなものは相当味わえそうな気がしますね。

単体のオススメ度としてはそこまで悪くはなく、★3くらいがちょうどいい評価になりそうな感じですが、この素材とこの重量のオナホであれば内部構造なんてものはあってもないようなものなので、素材の性質だけの勝負・・・みたいな感じになってしまっているのがやや残念な所ですね。

人工皮膚に挿入してみよう

10tani006
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。

人工皮膚が一番良い。

オススメ度としては3つともに★3くらいで収まってしまう評価になってしまうんですが、一番★4に近くて評価の高いオナホールがこの人工皮膚素材を使ったもので間違いないですね。

003

人工皮膚と言うよりも「ハードコーティング仕様」になっている事によってその良さが顕著に現れているような挿入感になっており、構造的にもサイズ的にもハードコーティングと一番相性が良かったのかもしれません。

内部はかなり柔らかめな素材が使われており、そのしっかりとした外側の素材で守られたものの中にズブズブっとペニスを挿入していく様なんかは、

なんらかの生物の体内に侵入している

といったような生物っぽい錯覚を覚えるような挿入感になっており、モニュモニュとした柔らかい内部の心地よさしかり、ちゃんとヒダっぽい刺激なんかも感じられたりと、3つの中では一番使い応えのある気持ちの良い挿入感になっている感じですね。

まとめ

「素材の違いを楽しめる」というこのオナホの元々のコンセプトとしては、とても成功しているように感じられ、コンセプト通りに

3つの異なる素材の挿入感の違いをはっきりと感じられる

ようなものに仕上がっているように思います。

「素材が違うと挿入感も変わるのかい!?」なんて疑問に思っているような初心者の方が、オナホの勉強の為に買う教材としてであればオススメしやすいオナホールではありますが、オナホ単体としては★3くらいがちょうどいい感じの評価になってしまうので、中級者以上の方にはG PROJECTの10周年の記念品としてくらいしかオススメしにくいオナホールですね。

オナホデータ

M9557-01-670xG PROJECT 10th ANNIVERSARY PREMIUM SET
平均価格:4,200円前後
1gの値段(nkp):約5.6円
刺激レベル:■□□□□~■■■□□(5段階:1から3)
review003
販売店はこちら