ツインフィニティ
今回はエーワンの
「ツインフィニティ」
試してみました。

新ブランド的なオナホールですね。



「エーワンついに本気出す」

オナホスポーツ新聞(通称オナスポ)なんてものがあれば、こんな感じの一面でお届けしたいちょっと気になるオナホ業界の新しい動き。

M8890-06-670x

今まではオナホールも「エーワン」という名前で販売していたものが、今回は新たにエーワンから

オナニズムラボという新ブランドが発足した

という事で、なかなかオナホメーカーとしては面白い動きを見せてくれていますね。

M8891-02-670x

一つの会社が実は2つや3つくらいのブランド(メーカー名)でオナホールを発売している、という事自体はそれほど珍しくはないんですが、「エーワン」という名前をしっかり出しつつも新たに新ブランドを作るというのはそれほど多い事例ではなかったりします。最近なんかだと「タマトイズ」と「タマプレミアム」なんかが同じようなブランド分けになるかもしれませんね。

エーワンのオナホールはちょっと特殊なものに寄りすぎていたり、ものによってはあまりやる気の感じられないようなジェネリック感のあるものだったりと、今まではトップメーカーのオナホールと互角に渡り合っていくには少し厳しいラインナップが続いていましたが、オナニズムラボには今までのエーワンのイメージを覆すような素晴らしいオナホールに期待したい所ですね。

M8890-01-670x
M8891-01-670x
そんなわけで、エーワンのオナニズムラボから第1弾としては発売されているのが、こちらの2つのオナホール。
本体の前半と後半で硬度が異なる2層構造が特徴の「ツインフィール」を採用。
硬度の違いが刺激に変化を作り、1度のストロークで多彩な表情を見せます。
メインコンセプトには前半と後半で素材の硬度を変えた「ハーフ&ハーフ構造」が据えられており、確かに2つの素材を使ったハーフ&ハーフ構造のキャッチーさは、新ブランド第1弾としての注目を浴びるにはもってこいの構造のような気もしますが、一時期にちょっとだけ流行って今ではめったに姿を見せなくなった時代の選択に負けてしまった感のある構造なので、オナ郎にはキャッチーさと同じくらいに、第1弾としてはリスキーな構造を持ってきたと感じてしまいます。

M8890-03-670x

「ツインフィニティを形成する3大要素!」と、分かりやすく今回のオナホのコンセプトが解説されていますね。

開封してみよう

100

全長はどちらも同じ14.5cmくらいで同じ型が使われており、重量の方は「ライト」が291g。「コア」の方は「300g」と300g程で作られているサイズのようですね。

101

素材の硬度はそれぞれ言葉で説明するよりも書いた方が早そうだったので、そのまま画像にしてみました。

「ライト」の方は全体的に柔らかめに作られており、手前柔らか奥ちょっと固めくらいのバランス加減。「コア」の方は手前固くて奥ちょっと柔らかめくらいのバランスになっており、大体名前の通りライトやコアのイメージに近い硬度になっているようですね。

twinfinity001
twinfinity003
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

素材硬度は大きく違いますが、臭いや油っぽさの方はどちらもさほど変わらず。臭いは控えめ気味で、油っぽさはほどほどくらいにはついている素材が使われています。

002

入り口はデフォルメ感のある大陰唇の真ん中に丸い穴が空いているだけの造形。

102

「ライト」の方は有機的な感じのするちょっと珍しい感じのヒダ構造で、「コア」の方はツルっとした大きめの突起がたくさんついた構造になっていますね。
103

どちらのオナホも奥の方には丸くて大きめなイボ突起がついた構造になっており、「ライト」の方には子宮ゾーンっぽい構造も見えていますね。

M8890-05-670x

こちらが「ライト」の断面のイメージ図。
「ベロヒダ」と「イボ突起」の二段構造に子宮ゾーンがついた形ですね。

M8891-05-670x

「コア」の方は形こそ違えども前半後半どちらにもイボ突起がついた構造になっており、子宮ゾーンの代わりに、奥には突起が付けられています。

ツインフィニティライトに挿入してみよう

twinfinity002
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

全体的にうまくまとまっているようには感じる挿入感

になっており、前半部分のソフト気味な素材のベロヒダの乱雑なビロビロとしたヒダの刺激は普通に心地よい加減となっており、奥の方ではやや固くなった素材がくっぽりと亀頭を押さえつけてくるような挿入感の変化を感じる事が出来。なおかつ大きめのイボのモコモコとした刺激や存在感なんかも感じる事が出来、さらには子宮ゾーンのクポっとした優しめのバキューム感なんかもあったりで、

ちゃんとすべての構造が生きている

と感じられるようなオナホールとなっていますね。

001

一つ残念なのは、素材が油分の少なく感じるようなかなりあっさりとした挿入感になってしまっており、ねっとり感や生っぽさみたいな心地よさがほとんど感じられず、無機質な穴に挿入しているような感覚が強くなってしまっているという点ですね。

002

それもあってか、構造自体はそれぞれキチンと仕事をしてくれているはずなのに、気持ちよさとしても★4を付けられる程には上がってこずに、★3くらいしか付けられないようなやや満足度の低めな気持ちよさになってしまっている感じでした。

オナホデータ

M8890-01-670xツインフィニティ ライト
平均価格:1,100円前後
1gの値段(nkp):約3.6円
刺激レベル:■■■□□(5段階:3)
review003
販売店はこちら

ツインフィニティコアに挿入してみよう

twinfinity004
※GIF画像です、読み込みに少し時間がかかるかもしれません。(スマホはタップでおそらく再生)

素材は同じタイプのものを使っているはずなので「無機質さ」という点では、こちらも同様に感じるんですが、やや固めな素材でコリコリとしたインパクトの大きめな突起が四方八方からペニスを刺激してくるイボ突起感が満載の挿入感なんかは、逆にあっさりとした無機質っぽい挿入感とは相性が良く感じられ、

突起に振り切った荒々しい挿入感は刺激系ホールとしてはなかなか優秀な部類

の挿入感になっているように感じますね。

003

こちらは前半部分固く荒々しい突起感が満載の挿入感で、奥の方には1段階柔らかくなったような素材の変化を感じる事が出来ますね。普通であれば前半部分の刺激の強さに引っ張られて奥の柔らかい部分なんかは、かなりのっぺりとした挿入感になってしまいがちなんですが、大きめに配置されたイボもギリギリ亀頭の先端でその存在感を感じる事が出来たりと、前半部分は荒々しく。後半部分は休憩ゾーンも兼ねているような優しめのイボ刺激を味わう事が出来るようになっていて、単調になりがちなイボだけの構造にちょっとした素材の変化を感じられるのは良いバランスに仕上がっていると思いました。

004

わりとくっきりはっきりとしたイボ突起の刺激を全体的に味わえるオナホールなので、やや刺激寄りくらいでイボ系のオナホが好きな方なんかには、価格もかなり抑えられているというのもあってオススメしやすいオナホールですね。

オススメ度としては60点は超えているであろう★4くらいがちょうど良い評価だと思います。

オナホデータ

M8891-01-670xツインフィニティ コア
平均価格:1,100円前後
1gの値段(nkp):約3.6円
刺激レベル:■■■■□(5段階:4)
review004
販売店はこちら

※今回は二本同時のワイド版のレビューとなりますので、明日のレビューはお休みさせて頂きます。